インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

安堂維子里『バタフライ・ストレージ』1〜2巻

バタフライ・ストレージ(1)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

バタフライ・ストレージ(1)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

バタフライ・ストレージ(2)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

バタフライ・ストレージ(2)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

人が死ぬとその魂は「蝶」となって体から抜け出てくる。その蝶を然るべき時期と手順で国がしっかりと保管すると、ライブラリーで再生できて、会話などもできちゃったりする。しかし保管に失敗すると蝶(魂)は消滅する……。こういう設定だから「死局」と呼ばれるお役人が蝶をしっかりと保管するのは非常に重要なことなのだが、まあ重要なこととなると、それを逆手に取って悪さをするやつも必ず出てくるというのは夜の理である。現状(つまり1巻と2巻の段階では)理由は不明だが、死局が回収するはずの蝶を力づくで勝手に持ち去ってしまう輩が頻発しており、さてそうなると死局側も力づくで蝶の強奪を防ぐし取り返す、と、そういうSF×バイオレンスなストーリーである。

正直まだよくわからないところも多いのだが、今のところなかなか面白い。