インキュベ日記

書評2800冊・漫画評4400冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

恵三朗+草水敏『フラジャイル 病理医岸京一郎の所見』10巻

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(10) (アフタヌーンコミックス)

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(10) (アフタヌーンコミックス)

医療モノは外れが少ない。

いや、無名でもしっかりと取材したり原作者の情報を噛み砕いたりできる力のある描き手が選ばれて、外れのないよう描いていくということなのだろうか?

いずれにせよ、昔から医療漫画は星の数ほど生み出されてきた。最近はなろう系や料理漫画の方が手軽なコンテンツとして人気だが、医療漫画はテレビドラマ化との相性も良く、漫画業界のドル箱コンテンツと言って良い。

本作も、病理医というマイナーな視点から(あるいは3番目ぐらいの主役と言って良いMRの女営業の視点から)日本の医療が鋭く切られており、10巻になっても飽きることがない。読んでいて本当に面白い。安定株。