インキュベ日記

書評3100冊・漫画評5500冊・DVD評500枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

古橋秀之+別天荒人+堀越耕平『ヴィジランテ -僕のヒーローアカデミア ILLEGALS-』3〜4巻

ヴィジランテ-僕のヒーローアカデミア ILLEGALS- 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ヴィジランテ-僕のヒーローアカデミア ILLEGALS- 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ヴィジランテ-僕のヒーローアカデミア ILLEGALS- 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ヴィジランテ-僕のヒーローアカデミア ILLEGALS- 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

本編である『僕のヒーローアカデミア』のアラが目立つ一方、スピンアウトである『ヴィジランテ』の面白さは半端ないな。

この巻ではナックスダスターが「無個性」のまま悪党を懲らしめて回るその内面心理というか、原動力が明らかに。

正直、クライマックスでは鳥肌が立った。

「無個性」や「役に立たない個性」の持ち主が世界を変えていくというヴィジランテの設定こそが、王道なんだよね。