インキュベ日記

書評2800冊・漫画評4400冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

山田胡瓜『AIの遺電子 RED QUEEN』1巻

AIの遺電子 RED QUEEN 1 (少年チャンピオン・コミックス)

AIの遺電子 RED QUEEN 1 (少年チャンピオン・コミックス)

ヒューマノイドが実用化され人間と同じように生きる近未来における、人工知能の専門医を主人公としたSF医療オムニバス物語である『AIの遺電子』の続編。

本作の前日譚に当たる『AIの遺電子』では、人間、人間と同じような心と権利を有して生きているヒューマノイド、人間やヒューマノイドに仕えるロボット、ヒューマノイドやロボットを生み出した超高度AI、という4つの知的存在がいる、という設定の下、主人公はヒューマノイドを専門とする医師として一話完結式の物語を大量生産していた。(良い意味でね)

本作ではその世界観を受け継ぎつつも、クリニックの中や日常で起こる物語ではなく、アフリカの紛争地帯に舞台を移している。

正直、こういう続編の作り方もあるのかと唸ってしまった。

続きが早く読みたい。