インキュベ日記

書評2800冊・漫画評4400冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

小山宙哉『宇宙兄弟』33巻

宇宙兄弟(33) (モーニングコミックス)

宇宙兄弟(33) (モーニングコミックス)

久々にでっかい流れが来たな。

何だかんだのトラブルがありつつも乗り切ってきた六太。しかし「シャロン天文台の完成」と「怪我をしたクルーの早期帰還」を天秤にかけた結果、ムッタとフィリップだけが残ってシャロン天文台を完成させ、他のクルーは一足先に地球に戻るという決断が下される。皆で乗ってきた宇宙船を使って帰るわけだから、誰かが次に宇宙に来た時に2人を回収するんだろうね。

どうなるんだろ。

もしかしたら、ここで弟(日々人)がロシアの宇宙飛行士として月に飛び立ち、兄を助けてクライマックス、という流れになるのかもしれない。

元々は、兄と弟が2回目ずつの宇宙飛行で月で再開、というクライマックスを想像していたんだけど。

いずれにせよ目が離せなくなってきた。