インキュベ日記

書評3000冊・漫画評5300冊・DVD評500枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

感想を書けていない漫画を100冊まとめて 第2弾

最近ストレスが溜まっているのか、漫画を読む量が増えてきた。かなり溜まってきたので、この数ヶ月から半年ぐらいの間に読んだ漫画を100冊まとめて紹介。

7月に100冊まとめて消化したところなんだがな。

incubator.hatenablog.com

三条陸+佐藤まさき+石ノ森章太郎+塚田英明+寺田克也『風都探偵』1〜3巻、石黒正数『天国大魔境』1巻、水あさと『異世界デスゲームに転送されてつらい』1巻、チョモラン『あの人の胃には僕が足りない』1巻、関口太郎『ゆるさば。』1巻、篠原六郎『おやすみシェヘラザード』1巻、芥見下々『呪術廻』1巻、野村亮馬『第三惑星用心棒』1巻、ゆうきまさみ『新九郎、奔る!』1巻、岩明均+太田モアレ『寄生獣リバーシ』1巻、西義之『エルフ湯つからば』1巻、施川ユウキ『バーナード嬢曰く。』1〜4巻、本田『ガイコツ書店員 本田さん』1巻、泰三子『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』1〜3巻、緑山のぶひろ『罠ガール』1〜2巻、水城せとな『世界で一番、俺が○○』1〜5巻、山下文吾『群れなせ!シートン学園』1巻、小西明日翔『来世は他人がいい』1巻、ベニガシラ『美少女同人作家と若頭』1〜2巻、おおのこうすけ『極主夫道』1巻、上田悟司『現実主義者の王国再建記』1〜2巻、安村洋平『迷宮ブラックカンパニー』1〜3巻、葵梅太郎『エルフと狩猟士のアイテム工房』1巻、北崎拓『クピドの悪戯 惑いのレイコ』1巻、犬塚惇平+九月タカアキ『異世界食堂』1〜3巻、藤原嗚呼子『きまじめ姫と文房具王子』1巻、志村貴子『ビューティフル・エブリデイ』1巻

風都探偵(1) (ビッグコミックス) 風都探偵(2) (ビッグコミックス) 風都探偵(3) (ビッグコミックス) 天国大魔境(1) (アフタヌーンコミックス) 異世界デスゲームに転送されてつらい 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ) あの人の胃には僕が足りない(1) (モーニングコミックス) ゆるさば。(1) (ヤングマガジンコミックス) おやすみシェヘラザード(1) (ビッグコミックススペシャル) 呪術廻戦 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) 第三惑星用心棒(1) (馬頭図書) 新九郎、奔る!(1) (ビッグコミックス) 寄生獣リバーシ(1) (コミックDAYSコミックス) エルフ湯つからば(1) (モーニングコミックス) バーナード嬢曰く。: 1 (REXコミックス) バーナード嬢曰く。: 2 (REXコミックス) バーナード嬢曰く。: 3 (REXコミックス) バーナード嬢曰く。: 4 (REXコミックス) ガイコツ書店員 本田さん 1 (MFC ジーンピクシブシリーズ) ハコヅメ?交番女子の逆襲?(1) (モーニングコミックス) ハコヅメ?交番女子の逆襲?(2) (モーニングコミックス) ハコヅメ?交番女子の逆襲?(3) (モーニングコミックス) 罠ガール(1) (電撃コミックスNEXT) 罠ガール(2) (電撃コミックスNEXT) 世界で一番、俺が○○(1) (イブニングコミックス) 世界で一番、俺が○○(2) (イブニングコミックス) 世界で一番、俺が○○(3) (イブニングコミックス) 世界で一番、俺が○○(4) (イブニングコミックス) 世界で一番、俺が○○(5) (イブニングコミックス) 群れなせ! シートン学園(1) (サイコミ) 来世は他人がいい(1) (アフタヌーンコミックス) 美少女同人作家と若頭 美少女同人作家と若頭: 2 極主夫道 1巻 (バンチコミックス) 現実主義勇者の王国再建記I (ガルドコミックス) 現実主義勇者の王国再建記II (ガルドコミックス) 迷宮ブラックカンパニー 1巻 (ブレイドコミックス) 迷宮ブラックカンパニー 2 迷宮ブラックカンパニー 3巻 (ブレイドコミックス) エルフと狩猟士のアイテム工房 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス) クピドの悪戯 惑いのレイコ(1) (ヤングキングコミックス) 異世界食堂 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス) 異世界食堂 2巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス) 異世界食堂 3巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス) きまじめ姫と文房具王子(1) (ビッグコミックス) ビューティフル・エブリデイ(1)【電子限定版】 (FEEL COMICS)
新しく読み始めた連載作品、合計45冊。特に面白かったのは幾つかコメントしておきたい。

三条陸+佐藤まさき+石ノ森章太郎+塚田英明+寺田克也『風都探偵』1〜3巻

とりあえず、この100冊のうちでどれかハイライトを選べと言われたらこれかな。仮面ライダーWというシリーズのコミカライズ。戦隊シリーズやライダーシリーズ、はたまたガンダムシリーズというものにわたしはほとんど関心を持っていないのだが、これはめちゃくちゃ面白い。設定が「仮面ライダーありき」ではなく、ぜんぜん子供騙しではないと思った。いわば本格SFである。絵も巧い。

施川ユウキ『バーナード嬢曰く。』1〜4巻

高校の図書室を舞台に繰り広げられる、読書好きな文化系高校生たちによる読書談義。本を読む本好きと、本を読まない本好きという、2人の対比が面白い。前者は正統派で、後者は余計なことを色々と考えたりしてどうも読書に集中しきれないタイプの本好きだ。この手の「読書は好きなんだが、どうも集中し切れない」というのはわたしにもよくある話で、思わず「あるある」と頷いてしまう。

泰三子『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』1〜3巻

安定志向で公務員を目指した結果たまたま警察官になった女性警官と、刑事課でエースだったがパワハラで交番勤務に飛ばされた女性警官。2人の交番女子を中心とした交番勤務漫画……と書けば大体正確かな。この作者は元々本職の警察官だったらしく、実体験を活かしたあるあるネタなんかをブチ込んでくれている。1巻は「まあまあ」という感じだったが、2巻は明らかに面白く、3巻は続きもののテーマも出て来る等、技量が上がっている感じがする。かなり楽しみ。

水城せとな『世界で一番、俺が○○』1〜5巻

『脳内ポイズンベリー』の作者による最新作。仲の良い青年3人組の前に、いきなり変な女(エージェント)が現れる。彼女は、3人の絶望指数を毎日チェックして、300日後いちばん不幸になった人の願いを何でも叶えるという提案をし、その3人組は面白半分で承諾する。まあ別に不幸になるわけじゃないし良いかと。しかし彼女は言う。いや、不幸を意識し始めたら必ず不幸になるもんですよと。そして3人は一見これまで通りの生活を続けるわけだが、3人の中で最も「不幸」になった人間が勝者になるというトリッキーな設定が、徐々に3人の関係や彼らの人生にも暗い影を落とすようになる……とまあ、そんなアウトライン。『脳内ポイズンベリー』を読んで、この作者はちょっと凝った設定が好きなんだろうと思っていたが、本作もやはり凝った設定である。5巻で早くもクライマックス的なものが来てしまったが、さて6巻で完結なのか、さらなるどんでん返しがあるのか。けっこう見ものである。

山本崇一朗『からかい上手の高木さん』9巻、山本崇一朗+稲葉光史『からかい上手の(元)高木さん』3巻、板垣巴留『BEASTARS』9巻、めいびい『かつて神だった獣たちへ』7〜8巻、井上堅二+吉岡公威『ぐらんぶる』9巻、石塚真一『BLUE GIANT SUPPREME』5巻、設楽清人『忍ぶな!チヨちゃん』2巻、荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険Part8:ジョジョリオン』18巻、三宅乱丈『イムリ』23巻、ヤマシタトモコ『さんかく窓の外側は夜』6巻、鈴木健也『おしえて!ギャル子ちゃん』5巻、石黒正数『木曜日のフルット』7巻、つくしあきひと『メイドインアビス』7巻、安田剛助『じけんじゃけん!』4巻、錦ソクラ『今日からCITY HUNTER』2巻、シネクドキ『エルフさんは痩せられない。』3巻、こざき亜衣『あさひなぐ』27巻、川添太一『不徳のギルド』2巻、山田胡瓜『AIの遺電子 RED QUEEN』2巻、信濃川日出男『山と食欲と私』8巻、リムコロ『世話やきキツネの仙狐さん』2巻、ツジトモ『GIANT KILLING』47〜48巻、小武『女主任・岸見栄子』3巻、ジョージ朝倉『ダンス・ダンス・ダンスール』10巻、とよ田みのる『金剛寺さんは面倒臭い』2巻、日本橋ヨヲコ『少女ファイト』15巻、山口つばさ『ブルーピリオド』3巻、恵三朗+草水敏『フラジャイル 病理医岸京一郎の所見』12巻、芝村裕吏+キムラダイスケ『マージナル・オペレーション』11巻、吉田丸悠『大上さん、だだ漏れです。』4巻、堀越耕平『僕のヒーローアカデミア』19〜20巻、古橋秀之+別天荒人+堀越耕平『ヴィジランテ -僕のヒーローアカデミア ILLEGALS-』5巻、柏木ハルコ『健康で文化的な最低限度の生活』7巻、赤岸K+江口連+雅『とんでもスキルで異世界放浪メシ』2巻、南勝久『ザ・ファブル』15巻、めいびい『結婚指輪物語』6〜7巻、木多康昭『喧嘩稼業』11巻、小林有吾『アオアシ』14巻、板垣巴留『BEASTARS』10巻、豊田悠『パパと親父のウチご飯』9巻、豊田悠『パパと親父のウチ呑み』2巻、永椎晃平『星野、目をつぶって。』12〜13巻、石井明日香『ひさかたのおと』2巻、コナリミサト『凪のお暇』4巻

BEASTARS 9 (少年チャンピオン・コミックス) からかい上手の高木さん(9) (ゲッサン少年サンデーコミックス) からかい上手の(元)高木さん(3) (ゲッサン少年サンデーコミックス) かつて神だった獣たちへ(7) (週刊少年マガジンコミックス) かつて神だった獣たちへ(8) (週刊少年マガジンコミックス) ぐらんぶる(11) (アフタヌーンコミックス) BLUE GIANT SUPREME(5) (ビッグコミックススペシャル) 忍ぶな! チヨちゃん 2巻 (HARTA COMIX) ジョジョの奇妙な冒険 第8部 モノクロ版 18 (ジャンプコミックスDIGITAL) イムリ 23 (ビームコミックス) さんかく窓の外側は夜 6 (クロフネコミックス) おしえて! ギャル子ちゃん 5 木曜日のフルット(7) (少年チャンピオン・コミックス) メイドインアビス(7) (バンブーコミックス) じけんじゃけん!【電子限定おまけ付き】 4 (ヤングアニマルコミックス) 今日からCITY HUNTER 2巻 エルフさんは痩せられない。 3巻 <電子版限定特典付き> (ガムコミックスプラス) あさひなぐ(27) (ビッグコミックス) 不徳のギルド 2巻 (デジタル版ガンガンコミックス) AIの遺電子 RED QUEEN 2 (少年チャンピオン・コミックス) 山と食欲と私 8巻: バンチコミックス 世話やきキツネの仙狐さん(2)【Amazon限定版】 (角川コミックス・エース) GIANT KILLING(47) (モーニングコミックス) GIANT KILLING(48) (モーニングコミックス) 女主任・岸見栄子(3) (バンブーコミックス) ダンス・ダンス・ダンスール(10) (ビッグコミックス) 金剛寺さんは面倒臭い(2) (ゲッサン少年サンデーコミックス) 少女ファイト(15) (イブニングコミックス) ブルーピリオド(3) (アフタヌーンコミックス) フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(12) (アフタヌーンコミックス) マージナル・オペレーション(11) (アフタヌーンコミックス) 大上さん、だだ漏れです。(4) (アフタヌーンコミックス) 僕のヒーローアカデミア 19 (ジャンプコミックスDIGITAL) 僕のヒーローアカデミア 20 (ジャンプコミックスDIGITAL) ヴィジランテ-僕のヒーローアカデミア ILLEGALS- 5 (ジャンプコミックスDIGITAL) 健康で文化的な最低限度の生活(7) (ビッグコミックス) とんでもスキルで異世界放浪メシ 2 (ガルドコミックス) ザ・ファブル(15) (ヤングマガジンコミックス) 結婚指輪物語 6巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) 結婚指輪物語 7巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) 喧嘩稼業(11) (ヤングマガジンコミックス) アオアシ(14) (ビッグコミックス) BEASTARS 10 (少年チャンピオン・コミックス) パパと親父のウチご飯 9巻: バンチコミックス パパと親父のウチ呑み 2巻 (バンチコミックス) 星野、目をつぶって。(12) (週刊少年マガジンコミックス) 星野、目をつぶって。(13) (週刊少年マガジンコミックス) ひさかたのおと(2) (アフタヌーンコミックス) 凪のお暇 4 (A.L.C. DX)
安定株の継続巻、49冊。面白くないものは続きを買わないので、どれも基本的に面白い。
ノンジャンルで特におすすめしたいものを何冊か選べと言われたら……どうだろう、勢いも含めて『じけんじゃけん!』『あさひなぐ』『金剛寺さんは面倒臭い』『ヴィジランテ』『喧嘩稼業』の5冊かな。

あと『星野、目をつぶって。』は……うーん、主人公とヒロインが不可解に結ばれたあたりからイマイチになったなあ。ヒロインよりもサブキャラの方が魅力的という。主人公も責任を負わず、漫画のカタルシスがない。

施川ユウキ『銀河の死なない子供たちへ』(上下巻)、阿部洋一『それはただの先輩のチンコ』、本田『たったひとつのことしか知らない』、橘芽生子『ちさと巡査、現場に急行せよ!!』、小西明日翔『二人は底辺』

銀河の死なない子供たちへ(上) (電撃コミックスNEXT) 銀河の死なない子供たちへ(下) (電撃コミックスNEXT) それはただの先輩のチンコ たったひとつのことしか知らない (アフタヌーンコミックス) ちさと巡査、現場に急行せよ!! (リイドカフェコミックス) 二人は底辺 (ZERO-SUMコミックス)
単巻あるいは上下巻、6冊。

特筆したいのは『銀河の死なない子どもたちへ』かな。これは『バーナード嬢曰く。』が面白くて買ったのだが、こちらはわりにガチのSFである。と言っても設定ありきのハードSFではない。ギャグとシリアスの塩梅が個人的に好みだが、それより何か得体の知れない涙が流れてくるのに驚いた。一言で書けば「感動」なんだが。これは大推薦したい。