インキュベ日記

書評3100冊・漫画評5700冊・DVD評500枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

ゆうきまさみ+とり・みき『土曜ワイド殺人事件』『新・土曜ワイド殺人事件』

新装版 土曜ワイド殺人事件 (ドラゴンコミックスエイジ)

新装版 土曜ワイド殺人事件 (ドラゴンコミックスエイジ)

新・土曜ワイド殺人事件 京都藁人形殺人事件 (ドラゴンコミックスエイジ)

新・土曜ワイド殺人事件 京都藁人形殺人事件 (ドラゴンコミックスエイジ)

ゆうきまさみは超絶お気に入りの漫画家なのだが、最新作『新九郎、奔る!』のモチーフが何と応仁の乱っつーことで、どうも地味だし「ふーむ」程度で読んでいた。しかしながら先日ふと思い立って真面目に読み返してみたら……やはり面白い! さすがゆうきまさみだ! ということで、またぞろゆうきまさみマイブームが復活し、Kindle化された昔の作品がないかなーとチェックしていたところ、本作を発見。

本作については存在は知っていたものの、実は読むのは初めてである。Wikipediaに書かれているように掲載誌としては相当不遇な作品であり、本屋で見かけた記憶もなかったから。

ja.wikipedia.org

絵柄を見ると、ゆうきまさみ的とも言えるし、とり・みき的とも言えるし、どっちなんだろう……と思っていたのだが、正解は「両方」である。詳しくは上記のWikipediaを確認してほしいが、どちらかが原作でどちらかが作画といった単純な割り切りではなく、もはや合作としか言いようのないほど複雑なプロセスを経て本作が出来上がっている。これは疲れそうだな。少なくとも仲が良くないと作れなさそう。

内容……というかギャグも、昔のゆうきまさみ的というか、とり・みき的というか、とにかく細かいギャグやパロディがふんだんに詰め込まれている。もう『鉄腕バーディー』や『新九郎、奔る!』といった最近の作品では細かいギャグをてんこ盛りにする手法は取ってないから、『究極超人あ〜る』のような初期作品が好きだった人には懐かしいんじゃないかな。