インキュベ日記

書評3100冊・漫画評5700冊・DVD評500枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

恵三朗+草水敏『フラジャイル 病理医岸京一郎の所見』15〜16巻

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(15) (アフタヌーンコミックス)

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(15) (アフタヌーンコミックス)

フラジャイル(16) (アフタヌーンKC)

フラジャイル(16) (アフタヌーンKC)

病理医という、ややマイナーな医療従事者を主人公とした医療ドラマなんだが、面白すぎてヤバい。

15〜16巻では「未来は始まっている編」として、ゲノムや製薬と病理の関係に踏み込んだストーリーが展開される。無様な延命治療を拒絶する祖母、祖母に生きていてほしいと願う孫、16年も「緩和ケア医」として患者の最期を看取ってきた医師、遺伝子創薬に命を賭ける研究者、医療の酸いも甘いも噛み分けた製薬マン……どことなく病理医の存在感が薄い気もするが、個人的には15〜16巻は過去最高の面白さだと思う。何度読み返し、何度涙したかわからない。

ドラマ化したらしいけど、まず漫画で、ぜひ読んでほしい。大推薦の漫画。

17巻まだかなー。