インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

『ナイツの未来を開くチカラ!』

わたしはナイツの漫才が好きで、ナイツが出したお笑いDVDをAmazonで検索して全て購入している。その過程で本作もAmazonで購入したのだが、これはお笑いDVDではない。女優の早瀬英里奈が進行役となり、ナイツの2人がS価学会における信仰体験を語ったDVDである。てっきりNHKやBS系のバラエティと思って買ってしまったよ……。

買ってしまった手前、(本編は15分程度の長さということもあり)最後まで観てみたが、感想はありません。

本作は売却するが、ナイツのお笑いDVDは引き続き楽しみたい。

仮に興味のある方は、ここに内容が詳しく、というよりテープ起こしのレベルで載っているので、チェックしてみても良いのではないでしょうか。
https://www6.atwiki.jp/atamagapan/pages/293.html

追記

わたしは無神論者ではない。厳格な無宗教者でもないだろう。神や仏、あるいは奇蹟と呼び表すしかないような超常現象が本当に存在するのか(存在したのか)はよくわからないが、「信仰」という心の在り様や、それがもたらす力の存在、それに帰依する人々のマインドセットを、主観的にも客観的にも認めてはいる。またキリスト教やイスラム教が生活様式に深く根ざした社会があることも理解しており、それを否定するつもりもないのである。

とはいえ、わたし自身は少なくとも特定の宗教を特別に信仰してしているわけではないし、その予定もない。せいぜいクリスマスやお盆や正月を人並みにこなす程度のごく一般的な日本人だ。それが「(無宗教ではなく)神仏習合の土着かつ素朴な信仰ではないか」と問われれば、ある意味ではイエスと言って差し支えないけれども。