インキュベ日記

書評2800冊・漫画評4400冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

『SHIROBAKO』

SHIROBAKO Blu-ray プレミアムBOX vol.1(初回仕様版)

SHIROBAKO Blu-ray プレミアムBOX vol.1(初回仕様版)

SHIROBAKO Blu-ray プレミアムBOX vol.2(初回仕様版)

SHIROBAKO Blu-ray プレミアムBOX vol.2(初回仕様版)

高校の部活でアニメ作りの魅力にハマった女子高校生5人は、将来アニメに関わる仕事をすることを誓う。そして数年後、主人公はアニメ製作会社の制作進行としてのキャリアを歩み始めていた。他の仲間も、原画マン、3D制作、声優志望、脚本志望としてアニメ作りを夢見る……といったプロローグ。

けっこう本気のお仕事漫画です。

超面白い……!

わたしが「仕事」に対して長年感じていることとして、仕事はよく掛け算だ、シナジーだと言うが、実際のところ仕事が掛け算として機能することはほとんどなく、大半は責任と能力を有した人間の仕事の足し算でできている、ということだ。1+1が10や20になることはほとんどない。誰かが雑な仕事をしたら、その分は誰かが足し算で補っている。仕事はそうしてできているのだと思うのだが、その感覚が本作には凄く良く表れている。そして足し算は、誰かの「責任感」や「ハードワーク」や「仕事に賭ける思い」で賄われているのだ。

尊いと思う。

しかし永続的なモデルではないようにも思う(事実アニメ業界はアニメが好きな若者を食いつぶして生存している業界だ)。

面白いだけでなく、仕事の本質を切り取った深い作品である。

今後映画版が作られるようなので、そちらも絶対に観よう。