インキュベ日記

書評3100冊・漫画評5500冊・DVD評500枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

クロサワコウタロウ『珍夜特急 の検索結果:

村上春樹『雨天炎天』

雨天炎天―ギリシャ・トルコ辺境紀行 (新潮文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1991/07/30メディア: 文庫購入: 6人 クリック: 28回この商品を含むブログ (67件) を見るわたしは紀行文が好きだ。旅行記・滞在記・異文化エッセイなどと読み替えても良いが、とにかく、その手の本が好きだ。明らかに旅行そのものよりも好きである。このブログを始める前、すなわち20歳前後の数年間で古今東西100冊近くは読んできただろうか。それでちょっと「飽き」が来てしま…

インキュベ日記ベストセレクション2016

…ablog.com クロサワコウタロウ『珍夜特急』シリーズ 明らかに深夜特急のパクリタイトルなわけだが、内容は極めて誠実。というか深夜特急に「正しく」影響を受けた世界旅行。本家の深夜特急は乗り合いバスでユーラシア大陸を横断したのだが、本作はバイクで世界旅行にチャレンジしている。ユーラシア大陸横断の1st seasonが6冊、アメリカ大陸縦断の2nd seasonが9冊と長編だが、サクッと読める。というか、のめり込んで一気に読める。 incubator.hatenablog.c…

クロサワコウタロウ『珍夜特急 2nd season 9 アルゼンチン』

珍夜特急 2nd season 9―アルゼンチン―作者: クロサワコウタロウ出版社/メーカー: クロサワ レタリング発売日: 2014/04/29メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見るユーラシア大陸(出発はインド)を日本から持ち込んだバイクで横断した作者が、今度はアメリカ大陸を南北に縦断する紀行シリーズ……の最終巻。ユーラシア大陸横断が6冊、アメリカ大陸縦断が9冊。計15冊になるが、あまりに面白くて一気読みしてしまった。特にアルゼンチンのメンドーサ編…

クロサワコウタロウ『珍夜特急 2nd season 8 ボリビア・チリ・アルゼンチン』

珍夜特急 2nd season 8―ボリビア・チリ・アルゼンチン―作者: クロサワコウタロウ出版社/メーカー: クロサワ レタリング発売日: 2014/03/30メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るユーラシア大陸(出発はインド)を日本から持ち込んだバイクで横断した作者が、今度はアメリカ大陸を南北に縦断する紀行シリーズ。前巻の後半から続く「ボリビアの悪夢」がとにかく面白い。「あと6時間で帰ってくる。それまでここで待っていてくれ!」と、ボリビアの荒野に相棒をひとり…

クロサワコウタロウ『珍夜特急 2nd season 7 ペルー・ボリビア』

珍夜特急 2nd season 7―ペルー・ボリビア―作者: クロサワコウタロウ出版社/メーカー: クロサワ レタリング発売日: 2014/02/27メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るユーラシア大陸(出発はインド)を日本から持ち込んだバイクで横断した作者が、今度はアメリカ大陸を南北に縦断する紀行シリーズ。リマでパーティーを分け、ノッチ&ベティーナと別れた著者は、ラルフと一緒にペルーを訪れ、思う存分楽しむ。4000メートルを超えるアンデスの山々、見渡す限りの砂…

クロサワコウタロウ『珍夜特急 2nd season 6 エクアドル・ペルー』

珍夜特急 2nd season 6―エクアドル・ペルー―作者: クロサワコウタロウ出版社/メーカー: クロサワ レタリング発売日: 2014/01/30メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るユーラシア大陸(出発はインド)を日本から持ち込んだバイクで横断した作者が、今度はアメリカ大陸を南北に縦断する紀行シリーズ。資金不足、カルネ(*1)に起因する1年間という時間制約、4人でのパーティー(特にライダーではないベティーナの参加)による居心地の悪さや不自由さから来る、ど…

クロサワコウタロウ『珍夜特急 2nd season 5 中央アメリカ・エクアドル』

珍夜特急 2nd season 5―中央アメリカ・エクアドル―作者: クロサワコウタロウ出版社/メーカー: クロサワ レタリング発売日: 2013/12/31メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るユーラシア大陸(出発はインド)を日本から持ち込んだバイクで横断した作者が、今度はアメリカ大陸を南北に縦断する紀行シリーズ。中米から南米にかけて旅が「スペイン語一色」になることを考え、ノッチ・ベティーナ・ラルフの3人のドイツ人と、ニカラグアでの1週間の語学留学を行っている…

クロサワコウタロウ『珍夜特急 2nd season 4 メキシコ・中央アメリカ』

珍夜特急 2nd season 4―メキシコ・中央アメリカ―作者: クロサワコウタロウ出版社/メーカー: クロサワ レタリング発売日: 2013/11/30メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るユーラシア大陸(出発はインド)を日本から持ち込んだバイクで横断した作者が、今度はアメリカ大陸を南北に縦断する紀行シリーズ。ユーラシア大陸横断時は、その時々で気の合う仲間と一緒に旅をするものの、基本的には一人旅である。しかし今回の旅(アメリカ大陸縦断)は、前回のユーラシア大…

クロサワコウタロウ『珍夜特急 2nd season 3 アメリカ・メキシコ』

珍夜特急 2nd season 3―アメリカ・メキシコ―作者: クロサワコウタロウ出版社/メーカー: クロサワ レタリング発売日: 2013/11/07メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るユーラシア大陸(出発はインド)を日本から持ち込んだバイクで横断した作者が、今度はアメリカ大陸を南北に縦断する紀行シリーズ。今回の旅(アメリカ大陸縦断)は、前回のユーラシア大陸横断で知り合って共に旅をした相棒・ノッチや、ドイツで知り合った知人・ラルフと一緒の旅になるのだが、著者…

クロサワコウタロウ『珍夜特急 2nd season 2 アラスカ・カナダ・アメリカ』

珍夜特急 2nd season 2―アラスカ・カナダ・アメリカ―作者: クロサワコウタロウ出版社/メーカー: クロサワ レタリング発売日: 2013/10/20メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るユーラシア大陸(出発はインド)を日本から持ち込んだバイクで横断した作者が、今度はアメリカ大陸を南北に縦断する紀行シリーズ。前回の旅(ユーラシア大陸横断)は、基本的に一人旅である。しかしこのアメリカ大陸縦断、前回のユーラシア大陸横断で知り合って共に旅をした相棒・ノッチや…

クロサワコウタロウ『珍夜特急 2nd season 1 カナダ・アラスカ』

珍夜特急 2nd season 1―カナダ・アラスカ―作者: クロサワコウタロウ出版社/メーカー: クロサワ レタリング発売日: 2013/10/06メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るユーラシア大陸(出発はインド)を日本から持ち込んだバイクで横断した作者が、今度はアメリカ大陸を南北に縦断する紀行文。著者は約1年かけてユーラシア大陸を横断した訳だが、それでも満足できず、日本への帰国後早々にアメリカ縦断に向けた資金を貯め始める。そして2年間で約250万円を貯め、…

クロサワコウタロウ『珍夜特急 6 南欧・西欧』

珍夜特急6―南欧・西欧―作者: クロサワコウタロウ出版社/メーカー: クロサワ レタリング発売日: 2013/08/22メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るユーラシア大陸(出発はインド)を日本から持ち込んだバイクで横断した作者による紀行文。ほとんど1年を費やした長期旅行も、これで完結。バイクを使った旅行は、そのバイクをどこから日本に送るかが非常に重要なんだな。わたしはそもそもバイクに乗らないし、長期旅行もしたことないしで、こういうTIPSは本シリーズを読むまで…

クロサワコウタロウ『珍夜特急 5 西欧・モロッコ』

珍夜特急5―西欧・モロッコ―作者: クロサワコウタロウ出版社/メーカー: クロサワ レタリング発売日: 2013/08/15メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るユーラシア大陸(出発はインド)を日本から持ち込んだバイクで横断した作者による紀行文。旅の面白さをどう捉えるかは人それぞれだが、長期旅行をする人の多くは、人との出会いを挙げることが多い。本シリーズもその例に漏れず、非常に魅力的な人物が登場する。序盤から出てくるノッチとシルビアは言うまでもなく、エルビス(日…

クロサワコウタロウ『珍夜特急 4 東欧・バルト3国・北欧』

珍夜特急4―東欧・バルト3国・北欧―作者: クロサワコウタロウ出版社/メーカー: クロサワ レタリング発売日: 2013/08/09メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るユーラシア大陸(出発はインド)を日本から持ち込んだバイクで横断した作者による紀行文。『水曜どうでしょう』では北欧の旅は退屈だとされていたが、本書を読む限り、やはり北欧のバイクでの旅は退屈なもののようだ。しかし最北端を見たいという気持ちはわたしにもよくわかる。「特別」を味わいたいんだろうな。

クロサワコウタロウ『珍夜特急 3 トルコ・バルカン半島』

珍夜特急3―トルコ・バルカン半島―作者: クロサワコウタロウ出版社/メーカー: クロサワ レタリング発売日: 2013/07/25メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るユーラシア大陸(出発はインド)を日本から持ち込んだバイクで横断した作者による紀行文。インドやパキスタンといったワイルドな国から、だんだんと近代化された国になる。読者としては面白さが減るのかと思いきや、ただただ振り回されるばかりだった最初と比べ、著者の行動にも色々な変化が見えてくる。面白いな。

クロサワコウタロウ『珍夜特急 2 パキスタン・イラン・トルコ』

珍夜特急2―パキスタン・イラン・トルコ―作者: クロサワコウタロウ出版社/メーカー: クロサワ レタリング発売日: 2013/07/07メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るユーラシア大陸(出発はインド)を日本から持ち込んだバイクで横断した作者による紀行文。この巻では、イタリア国籍のノッチとドイツ国籍のシルビアというカップルと日独伊三国同盟を結び、3人で旅を続けていく。ノッチに教わって野宿のやり方を覚えちゃったりなんかして、1999年とは思えない、なかなかハード…

クロサワコウタロウ『珍夜特急 1 インド・パキスタン』

珍夜特急1―インド・パキスタン―作者: クロサワコウタロウ出版社/メーカー: クロサワ レタリング発売日: 2014/01/15メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る明らかに沢木耕太郎の名作『深夜特急』のパクりであるwただし筆名や書名、ユーラシア大陸を横断するというコンセプトを確かにパクっているとはいえ、ノンフィクションとしてのクオリティは「パクり」呼ばわりされるほど品質の低いものではない。むしろオマージュと言って良いものであろう。巧さのある文章ではないが、読み…