インキュベ日記

書評3300冊・漫画評6600冊・DVD評1000枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

沢木耕太郎『深夜特急6 南ヨーロッパ・ロンドン』

深夜特急〈6〉南ヨーロッパ・ロンドン (新潮文庫)

深夜特急〈6〉南ヨーロッパ・ロンドン (新潮文庫)

インドのデリーからイギリスのロンドンまで乗り合いバスで行く――と思い立った著者による、1年以上に及ぶ壮大な旅行記。茶のスペルの頭文字から文化圏を探るという、バカバカしくも案外バカにできないやり取りがあったのだが、最後のオチはなかなか秀逸である。このネタの本当の面白さは、実際に著者のような長い旅をしてきた人か、大部である本書をずずずーっと通読した人にしかわからないものであろう。ぜひ6巻全部を通読することをおすすめする。
最後の一文も、なかなか気の利いた文章である。
なお巻末には、井上陽水との長めの対談が収録されている。