インキュベ日記

書評3200冊・漫画評6000冊・DVD評600枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

佐藤優『野蛮人のテーブルマナー』

野蛮人のテーブルマナー

野蛮人のテーブルマナー

ロシアの情報収集や分析のプロフェッショナルとして「異能の外交官」「外務省のラスプーチン」などの異名を取るほどの外交官(ただし今は背任容疑で逮捕され、最高裁に上告中&休職中)であった著者によるエッセイ&対談。
本書の最大のキーワードは「インテリジェンス」だが、この言葉は「知性」というよりは「情報収集・分析」とか「諜報」といった意味合いで使われている。もしかしたら(俺が知らないだけで)れっきとした専門用語なのかもしれない。インテリジェンスの世界で実際に行われている積極諜報(ポジティブ・インテリジェンス)、防諜(カウンター・インテリジェンス)、宣伝(プロパガンダ)、謀略(コンスプピラシー)を踏まえて書かれたものらしい。
友人に薦められて読むことにしたのだが、とにかく顔が良い。特に目が良い。友人と話したのだが、この目は全盛期の小川直也の目である。俺の中での全盛期はもちろんTVで橋本真也と抗争していた時期だ。試合開始前から「橋本は負けるだろうな……」と思わしめた、あの獰猛な目。佐藤優の目は、小川直也のそれと同じである。「論壇界の小川直也」と名づけたい。