インキュベ日記

書評3200冊・漫画評6000冊・DVD評600枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

佐藤秀峰『ブラックジャックによろしく』2巻

ブラックジャックによろしく(2) (モーニング KC)

ブラックジャックによろしく(2) (モーニング KC)

研修医(斉藤英二郎)が目にする日本の大学病院や医療現場の現状を描いた傑作漫画。斉藤は研修の配属先で毎回騒動を起こすが、それらの騒動は、ことごとく日本の医療が抱えている深い暗がりに足を踏み入れてしまう――というアウトライン。
第2巻は循環器内科と心臓外科をめぐるエピソード。大学病院は医局ごとの派閥争いも激しいのだが、内科治療で上手く行かない患者を外科治療で救うという構造のため、循環器内科は心臓外科に対して頭が上がらない。しかも斉藤が勤務する大学病院は日本屈指のエリート病院。そのため今すぐ手術してほしいと循環器内科がお願いしても、心臓外科は全く取り合ってくれないのである。しかし日本で「一流」とされている大学病院の医師は、手術数が絶対的に不足している――という問題提起がなされる。まあ大学病院の医師にも言い分はあるだろうが、他の本や雑誌・テレビドキュメンタリーなどでも、日本の医師の手術経験の不足が問題とされているのは事実なんだよな。