インキュベ日記

書評3200冊・漫画評6000冊・DVD評600枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

鎌谷悠希『少年ノート』7巻

少年ノート(7) (モーニング KC)

少年ノート(7) (モーニング KC)

少年ノート(1) (モーニング KC) 少年ノート(2) (モーニング KC) 少年ノート(3) (モーニング KC) 少年ノート(4) (モーニング KC) 少年ノート(5) (モーニング KC) 少年ノート(6) (モーニング KC) 少年ノート(7) (モーニング KC)
音に対しての感受性が人一倍豊かなボーイソプラノの少年を中心とした合唱部漫画。これは部活漫画・青春漫画であると同時に、「ボーイソプラノ」という声変わりによって避け難く喪われる「才能」を描いた作品である。
この巻では、才能のある歌い手である副部長(女)が、コンクールでの失敗により深く傷つき、そしてある「選択」をするところが中心的に描かれている。
そう来たかー! という展開で、かなり驚いた。
主人公の少年の声変わりも始まってきたので、物語ももうすぐ終わりだね。8巻で終わりだろうか。どう決着がつくのか、楽しみ。