インキュベ日記

書評3200冊・漫画評6000冊・DVD評600枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

村上春樹・安西水丸『「ひとつ、村上さんでやってみるか」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける490の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか?』

長くサイトをやっていると、読んだのに、その読書記録をつけ忘れていることが時々発生するのだが、そのひとつが本書である。
村上春樹は、基本的には偏屈な類で読者と日常的にコミュニケーションを取ることはないのだが、何度か、かなり集中的に読者とコミュニケートすることがある。その記録が、これまで、『「そうだ、村上さんに聞いてみよう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける282の大疑問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか?』と『「これだけは、村上さんに言っておこう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける330の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか?』の2冊でまとめられてきたのだが、その第3弾が本書になる。
もちろんゲットして何度も読んでいたのだが、今検索すると、その記録がどこにも書かれていない。こういうこともあるんだな。
改めて読み返してみたが、内容は相変わらず面白い。村上春樹という人は、顔はおっさんだけど、考えることや書くことは独特のチャーミングさがあると思う。この時もう50歳は超えていたと思うんだけどねえ。incubator.hatenablog.com
incubator.hatenablog.com