インキュベ日記

書評3200冊・漫画評6000冊・DVD評600枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

米澤穂信『真実の10メートル手前』

真実の10メートル手前

真実の10メートル手前

『さよなら妖精』『王とサーカス』に続き、太刀洗万智という人物が登場している。今回は短編集だが、なんというか、ハードボイルドというか、救いのない話というか、まあそんな感じのミステリが多い。

何となくラストが特徴的な気がした。本来小説終わるべき箇所(というか、よくある小説が終わる箇所)の少し前で、ブツンとスイッチが切られるように唐突に小説が終わっている感じがするんだよな。上手く言えないけど。