インキュベ日記

書評3200冊・漫画評6000冊・DVD評600枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

月村了衛『機龍警察〔完全版〕』

機龍警察〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)

機龍警察〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)

機甲兵装という人型を模したロボットが市街地で使われるパラレルワールドにおいて、最新の技術を搭載した「龍騎兵」を要する警視庁特捜部の活躍を描いた小説が本作である。

完全にパトレイバーだね。

パトレイバーと違うのは、「ほのぼの」や「笑い」がないこと。元テロリスト、元傭兵、冤罪で国外逃亡した元ロシア刑事……この3名が「よそ者」として警視庁特捜部に雇われ、龍騎兵に乗っている。まだ1巻だが、どいつもこいつも一筋縄では行かない過去を持っていそうで、必然、ほのぼのとした感じになろうはずもなく、ハードボイルドな雰囲気をたたえている。

けっこう面白いので、続編もチェックしてみたい。