インキュベ日記

書評3200冊・漫画評6000冊・DVD評600枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

岩井俊二『少年たちは花火を横から見たかった』

少年たちは花火を横から見たかった (角川文庫)

少年たちは花火を横から見たかった (角川文庫)

岩井俊二の傑作映像『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の、監督自身によるノベライズ版。

詳細はまずこちらを読んでいただきたい。

incubator.hatenablog.com

さて、こちらはノベライズ版なのだが、元の映像とは色々と展開が違う。そもそも『ifもしも』は些細な「選択」によって人生が変わる妙を描いたオムニバス集なのだが、岩井俊二は、この「選択」というギミックを取り除いた、純粋なひとつながりの作品に再構成したかったようだ。それが本作である。

ただ個人的には、どうもな、と思うところも多い。例えば、なずなが引っ越してしまうことを典道が知っている点。この事実を知っているか知らないかで、プールでなずなを見つめる典道の内面は大きく変わってしまう。わたしにとっては主題が変わってしまうほどの大きな変更点なのだが、岩井俊二にとってはそうでもなかったらしい。