インキュベ日記

書評3300冊・漫画評6600冊・DVD評1000枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

『キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONS』

【PS4】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONS

【PS4】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONS

  • 発売日: 2020/08/27
  • メディア: Video Game
キャプ翼のゲームが出たというので久々に買ってみたが、キャプ翼好きとしてはまあまあ面白い。ファングッズだね。

一方、サッカーゲームとして期待してはならない。

まず反則がない。キャプ翼の原作のノリはほとんど格闘ゲームのようなもので、ドリブルやタックル・シュートで相手を吹っ飛ばすことが前提である。その意味ではゲームも原作に忠実である。敵も味方もタックルで片っ端から吹っ飛ばされているし、逆に言うと吹っ飛ばさないとボールはなかなか奪えない(こぼれ球を拾うとかパスカットとかはあるけどね)。

次に利き足の概念がない。

さらにポジションの概念がFW・MF・DFぐらいしかない(厳密には守備的MF・攻撃的DFといったスキルを身につけることは可能だが些細な違いである)。

もうひとつスタミナの概念がない。正確に言うと短期的なスタミナの概念はあるが、ダッシュしたら減る、しばらくしたら回復するという程度で、前半に動きすぎたから後半にバテてるみたいなのがない。

最後に各選手の必殺技(本作のシュートムーブという)以外ではほぼ点は取れない。シュートムーブは基本的に、□ボタンを押しっぱなしで溜めるか、クロスに合わせる(本作では空中技とか空中シュートと呼ぶ)しかないので、スルーパスで抜け出して点を取るという動きはほとんど無理で、点を取るための動きというか組み立てがリアルサッカーとも一般的なサッカーゲームとも相当に異なる。

これらを考慮しても、まあファングッズとしては良いと思う。狙ったのか、技術力やセンスの限界なのかはわからないが、実にレトロゲーム的な独特のセンスで、わたしは逆に気に入った。