インキュベ日記

書評3400冊・漫画評8000冊・DVD評1000枚・動画評1000話の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

『メガトン級ムサシ』@Switch

アニメなどと連動したメディアミックスプロジェクトらしい。

ぼってりした、どうもあまりシュッとしていないフォルムのロボットなのだが、まあメガトン級だから仕方ないのだろうか。

ゲームを始めると、いきなりオープニングテーマが始まったり、アニメが流れたりと、なるほどメディアミックス感はある。

しかし、なんだ、肝心のアドベンチャーパートが「スーファミか?」ってレベルのカクカク紙芝居で、いきなり気勢を削がれる。

キャラクターも今どきコロコロやボンボンでも出てこないようなテンプレ悪ガキが主人公で、どうもノレない。

他のキャラクターも「陳腐」の一言。

バトルパートも、よく言えばシンプルなボタン操作、悪く言えば単純で戦略的な変化がつけづらい。

それでも我慢して何十時間かプレイしてみたのだが、どうもわたしの好みには合わないなあ。