インキュベ日記

書評3200冊・漫画評6000冊・DVD評600枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

山田胡瓜『AIの遺電子』7巻

AIの遺電子 7 (少年チャンピオン・コミックス)

AIの遺電子 7 (少年チャンピオン・コミックス)

ヒューマノイドが実用化され人間と同じように生きる近未来における、人工知能の専門医を主人公としたSF医療オムニバス物語。本作においては、人間、人間と同じような心と権利を有して生きているヒューマノイド、人間やヒューマノイドに仕えるロボット、ヒューマノイドやロボットを生み出した超高度AI、という4つの知的存在がいる、という前提で、一話完結式の物語が大量生産されている。

この人は本当に凄い。何が凄いか? 一話完結であるというところである。ネタ切れにならないんだろうか。一話完結を止めて、せめて数話完結のストーリーにするだけで、物語に奥行きも出るし、ネタを考えるのも楽になるしで、作者にとっても読者にとっても良いことばかりのような気がするのだが。これは作者の意地なのか、挑戦なのか、はたまた本当にネタが湯水のごとく溢れ出て一話完結の方が作りやすいのか。誰かが一度インタビューしてみてほしい。