インキュベ日記

書評3200冊・漫画評6000冊・DVD評600枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

安田剛助『じけんじゃけん!』6巻

じけんじゃけん! 6 (ヤングアニマルコミックス)

じけんじゃけん! 6 (ヤングアニマルコミックス)

広島弁青春ミステリ漫画。

作者の描く女体はいちいちエロスがあって良いねと思っていたが、何と、顔や背の高さや胸の大きさだけでなく、脚の描き方までキャラごとに細かく変えていることが判明。

当たり前っちゃ当たり前か。でも改めて説明されると、唸るしかない。ここまでこだわれる人が漫画家として成功するんだろうな。

え? 内容? 言うまでもなく面白いです、ええ。ミステリのウンチクも広島あるあるもギャグもシリアス(と言うほどではないが)も全て高クオリティ。

ちなみに、広島弁の「広島弁ではじゃけんって言わんのんじゃけえ」ってエピソードだが、わたしも小学校卒業まで広島に住んでたから何となく覚えてる。でもこのエピソードは、「じゃけんって言わんのんじゃけえ問題」を更に深掘りしており、非常に面白かった。これは広島県に住んでた人間じゃないと作れないエピソードだな。