インキュベ日記

書評3300冊・漫画評7000冊・DVD評1000枚・動画評600話の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

東元俊哉『プラタナスの実』1〜2巻

プラタナスの実(1) (ビッグコミックス)

プラタナスの実(1) (ビッグコミックス)

  • 作者:東元俊哉
  • 発売日: 2021/01/29
  • メディア: Kindle版
プラタナスの実(2) (ビッグコミックス)

プラタナスの実(2) (ビッグコミックス)

  • 作者:東元俊哉
  • 発売日: 2021/03/30
  • メディア: Kindle版
かつて医療の合理性のために小児科を閉鎖した総合病院の病院長。その結果、小児科医だった妻や、2人の子供とも大きな溝を残してしまう。

それから10年以上が経ち、その病院長は総合病院を手放し、北海道の北広島市で、地域の小児科医療を本気で支える小児科を作ろうとする。そして小児科医として働く2人の息子に声をかける――というプロローグ。

なお、説明の都合上「父親視点」で書いたが、実際は下の息子が主人公である。絶縁して15年も会っていない父親から手紙が来る。その父親は、かつて自分が切り捨てた小児科医療を始めようとして、小児科医である自分に声をかけてきた……息子視点から見ても、なかなか予断を許さないストーリーだ。

けっこう面白い。