インキュベ日記

書評3400冊・漫画評7500冊・DVD評1000枚・動画評900話の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

ホークマン+メカルーツ『ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット すべてが猫になる』1巻

北斗の拳を思わせる世紀末感漂う世界。文明社会は既に崩壊。猫に触れると猫になってしまうという未知のウィルス的なものが登場したせいで、人間たちは猫の驚異から逃げ続けて生きている。しかし猫から逃げることはできない。触ろうとすると逃げるくせに、逃げようとすると近づいてくる……とまあ、いわゆるゾンビモノをベースとしたギャグ漫画である。

これ、最初だけ読んだことがあるんだよな。

おそらく1話がはてなブックマークで話題になっていたのだと思う。

かなりの出オチ感があるので2巻がどうなるか想像もつかないが、少なくとも2巻までは買おうと思う。