インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

クレイトン・クリステンセン『イノベーションのジレンマ』

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)

「偉大な企業はすべてを正しく行うが故に失敗する」
この命題を明らかな形容矛盾・論理矛盾と認識する方がいても、それは正常な判断であろう。しかしこの一見矛盾する命題こそが経営の奥深さであり、実学の奥深さである。本書こそクリステンセン教授の出世作にして最高傑作。

余談

もう十分に認知された内容なので、論証のための長々とした事例や解説が入らないエッセンシャル版が欲しいなあ。もちろん他人による解説ではなく、クリステンセン自身が書いたものね。