インキュベ日記

書評3400冊・漫画評7500冊・DVD評1000枚・動画評900話の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

book

デイヴィッド・パトリカラコス『140字の戦争 SNSが戦争を変えた』

140字の戦争 SNSが戦場を変えた作者:デイヴィッド パトリカラコス早川書房Amazon近年はマスコミ報道よりもTwitterの方が、戦争の状況をリアルに伝えるなんてことがよくある。それだけでなく、Twitterでの一般人のつぶやきを元に世論が決定的に変わり、革命が…

澤村伊智『予言の島』

予言の島 (角川ホラー文庫)作者:澤村伊智KADOKAWAAmazonどこで情報を得たのか全く記憶にないが、いつの間にか購入してKindleに入れていたミステリ作品。いわゆるオカルト・霊能力・スピリチュアルを題材としたテレビ番組が90年代とかは本当に多かったし、雑…

柞刈湯葉『人間たちの話』

人間たちの話 (ハヤカワ文庫JA)作者:柞刈 湯葉早川書房Amazon作者名は「いすかりゆば」と読むらしい。以前、カクヨムという小説投稿サイトに書いた『横浜駅SF』でデビューした作家ということは何となく知っている。カクヨムははてなが作っているサイトだから…

米澤穂信『黒牢城』

黒牢城 (角川書店単行本)作者:米澤 穂信KADOKAWAAmazon戦国時代の武将・大名である荒木村重を主人公とした歴史ミステリ、ということになるだろうか。荒木村重は織田信長に反旗を翻し、1年余りの間対抗していた史実がある。またその頃、翻意を促すよう説得し…

伊坂幸太郎『逆ソクラテス』

逆ソクラテス (集英社文芸単行本)作者:伊坂幸太郎集英社Amazon小学生を主人公とした短編集。伊坂幸太郎については、初期の作品は熱心に読んでいたが、あまりにコンスタントに出るので、何となく追いつけなくなってしまった。多作なのは本来、良いことなんだ…

斎藤幸平『人新世の「資本論」』

人新世の「資本論」 (集英社新書)作者:斎藤幸平集英社Amazon脱成長というキーワードはなるほどと思うけど、さてそれで幸せになる人が果たしてどの程度いるか。わたしはとにかく、相続税の圧倒的強化と、金融資産課税の創設、それから土地本位制にメスを入れ…

魚住りえ『話し方が上手くなる!声まで良くなる!1日1分朗読』

話し方が上手くなる!声まで良くなる!1日1分朗読作者:魚住 りえ東洋経済新報社Amazon朗読のメリットは確かに伝わったけど、何となく変わる気がしない。わたしは声が高いので、もっと低い声で話したいんだけども。

ブレット・キング『BANK4.0 未来の銀行』

BANK4.0 未来の銀行作者:ブレット・キング東洋経済新報社Amazon従来型の銀行の時代遅れ感は凄く伝わってくるので、その意味では良書。ただ最近、欧米のビジネス書(というよりもノンフィクション全般か?)を読んでいて凄く気になるのが、とにかく冗…

はやみねかおる『めんどくさがりなきみのための文章教室』

めんどくさがりなきみのための文章教室作者:はやみねかおる飛鳥新社Amazon児童書を書いている作家による文章教室。元々小学校の先生だったということもあり、先生が言いそうなアドバイスが結構多い。読書が必須とか、新聞を読めとか。わたしは読書はさること…

保坂和志『書きあぐねている人のための小説入門』

書きあぐねている人のための小説入門 (中公文庫)作者:保坂和志中央公論新社Amazonこの本はかなり以前に読んだ気もするのだが、改めて読んでみた。保坂和志という人は、とにかく素直にモノを考えたりすることが嫌いだしできなくて、何だかんだうだうだと理屈…

トレヴァー・ノートン『世にも奇妙な人体実験の歴史』

世にも奇妙な人体実験の歴史 (文春文庫)作者:トレヴァー・ノートン文藝春秋Amazon高校以来の友人に教えてもらった本。科学とは何か? 科学的とはどういうことか? これはなかなか深遠な問いである。一貫した法則や再現性があることを科学ないし科学的と呼ぶ…

らぴ『小説家になりたい人のための教科書』

小説家になりたい人のための教科書: 初心者向けの小説の書き方&作り方(創作ガイドブック) 作家の味方プロジェクト作者:らぴ発売日: 2020/12/04メディア: Kindle版ちょっとした文章例を使って、物語論、特に構成についての理論やフレームワークを学んでい…

上野郁恵『才能に頼らない文章術』

才能に頼らない文章術作者:上野郁江発売日: 2018/11/19メディア: Kindle版現エディトリアル・コンサルタントという肩書だが、要するに元編集者のようだ。チェックシートを使いながら文章力を上げていきましょうという本。Amazonでは評判も良く、熱量の高いレ…

吉田昌生『脳パフォーマンスがあがるマインドフルネス瞑想法』

脳パフォーマンスがあがるマインドフルネス瞑想法作者:吉田昌生主婦の友社Amazon書名の通りだが、マインドフルネス瞑想法についての本。大変残念なご報告だが、今回もピンと来なかった。この手の身体感覚に依存するような本は、わたしの場合、いくら読んでも…

Atsu『パラフレ英会話』

パラフレ英会話作者:ATSUディーエイチシーAmazon はじめに 先日来、英語を再度(そしておそらく最後の覚悟で)トレーニングしようと頑張っている。いや、「頑張っている」とキラキラした目で言うには若干の語弊もあって、正直遅々として進んでいないが、「わ…

ミニマリストTakeru『月10万円で より豊かに暮らす ミニマリスト生活』

月10万円で より豊かに暮らす ミニマリスト生活作者:ミニマリストTakeru発売日: 2020/04/17メディア: Kindle版Amazonで人気なのと、Kindle Unlimited対象なので読んでみたが、正直ぜんぜん響かなかった。この手の本は9割が同じだ。モノを手放すと悟ったよう…

野口竜司『文系AI人材になる』

文系AI人材になる―統計・プログラム知識は不要作者:野口 竜司発売日: 2019/12/20メディア: Kindle版本書では、いわゆるコーディング的なことをする人を理系AI人材と呼び、それ以外のことをする人を文系AI人材と呼んでいる。それ以外のこととは何か?文字通…

鈴木祐『ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45』

ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45作者:鈴木 祐発売日: 2019/09/19メディア: Kindle版集中力については『最高の体調』でも書いていたが、この人は毎度、非常に興味深い情報を共有してくれるなあ。incubator.hatenablog.com例え…

茂野明彦『インサイドセールス 訪問に頼らず、売上を伸ばす営業組織の強化ガイド』

インサイドセールス 訪問に頼らず、売上を伸ばす営業組織の強化ガイド作者:茂野 明彦発売日: 2020/12/09メディア: Kindle版少し前に『THE MODEL』というインサイドセールスに関する本を読み、インサイドセールスの重要性への認識を新たにしたわけだが、本書…

大西泰斗+ポール・マクベイ『総合英語FACTBOOK これからの英文法』

総合英語 FACTBOOK これからの英文法作者:大西泰斗,Paul C. McVay発売日: 2017/06/01メディア: 単行本 悪癖 わたしには大変な悪癖がある。英語の教材だけを買って勉強しないという悪癖である。社会人になって以降、英語ができないと駄目だという漠然とした問…

菅浩江『歓喜の歌 博物館惑星Ⅲ』

歓喜の歌 博物館惑星Ⅲ (ハヤカワ文庫 JA ス 1-8)作者:菅 浩江発売日: 2021/04/14メディア: 文庫『永遠の森 博物館惑星』『不見(みず)の月 博物館惑星Ⅱ』と続く極私的大傑作SF「博物館惑星シリーズ」の第三作目である。実はかなり以前に本書を読了していた…

冷泉彰彦『アメリカの警察』

アメリカの警察 (ワニブックスPLUS新書)作者:冷泉 彰彦発売日: 2021/02/10メディア: Kindle版日本の警察組織は原則ひとつである。警察庁という全国組織があり、その下に県警組織がある。東京都だけ歴史的に警視庁という名称だが、これも実質は大阪府警や神奈…

今井むつみ『英語独習法』

英語独習法 (岩波新書)作者:今井 むつみ発売日: 2021/02/25メディア: Kindle版本書は人は第二言語をどう学ぶかという研究をしている著者による英語学習に関する一般書である。岩波新書なのでややフォーマルな文体だが、難しい言葉や言い回しはなく、新書に慣…

『SFが読みたい!2021年版』

SFが読みたい! 2021年版発売日: 2021/02/10メディア: ムックSFマガジン編集部による、2019/11-2020/10の新作SFのブックガイド。今年は短編集の当たり年ということで、色々な短編集がランクイン。個人的に気になったのは以下。オクトローグ 酉島伝法作品集成…

佐藤尚之『ファンベースなひとたち』

ファンベースなひとたち ファンと共に歩んだ企業10の成功ストーリー作者:佐藤尚之,津田匡保発売日: 2020/11/06メディア: 単行本(ソフトカバー)先日読んだ『ファンベース』をよりビジュアルにわかりやすくした本。incubator.hatenablog.com本書があれば、『…

根本昌夫『[実践]小説教室 伝える、揺さぶる基本メソッド』

[実践]小説教室 伝える、揺さぶる基本メソッド作者:根本昌夫発売日: 2018/04/27メディア: Kindle版元編集者で、2002年からはカルチャーセンターなどで小説講座を開いている方。二人の芥川賞の受賞者を二人同時に輩出するなど最近有名だというのもあるが、…

佐藤尚之『ファンベース 支持され、愛され、長く売れ続けるために』

ファンベース ──支持され、愛され、長く売れ続けるために (ちくま新書)作者:佐藤尚之発売日: 2018/02/22メディア: Kindle版ファンベースカンパニーという会社がある。意外にも(と言ったら失礼か)野村ホールディングスの子会社である。www.fanbasecompany.c…

石黒圭『形容詞を使わない 大人の文章表現力』

形容詞を使わない 大人の文章表現力作者:石黒 圭発売日: 2017/11/16メディア: 単行本(ソフトカバー)ここでの形容詞とは、必ずしも学校文法における狭義の形容詞ではない。「嬉しい」に代表される形容詞、「静かだ」に代表される形容動詞、「しっかり」に代…

楠哲郎『フォームローラーで筋膜リリース』

フォームローラーで筋膜リリース: 肩こり、腰痛、ひざ痛を自分で治し、整体、鍼灸、マッサージ店からの卒業へ!作者:楠 哲郎発売日: 2020/05/23メディア: Kindle版この数ヶ月、ストレッチの本をかなり読んできたが、色々読んだ結果、ストレッチよりも筋膜リ…

楠哲郎『誰でもできるプロ級の肩甲骨はがし』

誰でもできるプロ級の肩甲骨はがし: 肩こり、腰痛、猫背を改善させる施術を身に付け、整体、鍼灸、マッサージ店の卒業へ!作者:楠 哲郎発売日: 2020/10/18メディア: Kindle版肩甲骨はがしというキーワード自体、いつからかフツーに見るようになってきた。わ…