インキュベ日記

書評3300冊・漫画評7000冊・DVD評1000枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

book

三菱UFJ信託銀行不動産コンサルティング部『図解 不動産証券化とJ-REITがわかる本』

図解 不動産証券化とJ-REITがわかる本作者:三菱UFJ信託銀行不動産コンサルティング部発売日: 2014/07/09メディア: Kindle版不動産金融ビジネスに係る入門書。以下の3冊をセットで読んだので、感想は3冊まとめて書きたいのだが、どれが一番良いかと…

脇本和也『講義形式でわかりやすい不動産ファンドの教科書』

講義形式でわかりやすい不動産ファンドの教科書作者:脇本 和也発売日: 2014/08/29メディア: 単行本不動産金融ビジネスに係る入門書。昨日も書いたとおり、今この手の本を3冊まとめて読んでいるので、感想は3冊まとめて1/16の感想で書きたい。

田淵直也『入門 J-REITと不動産金融ビジネスのしくみ』

入門J-REITと不動産金融ビジネスのしくみ作者:田渕 直也発売日: 2015/09/17メディア: 単行本不動産金融ビジネスに係る入門書。今この手の本を3冊まとめて読んでいるので、感想は3冊まとめて1/16の感想で書きたい。

花咲拓実『動ける強いカラダを作る!ケトルベル』

動ける強いカラダを作る! ケトルベル作者:花咲 拓実発売日: 2020/10/28メディア: 単行本(ソフトカバー)文字通り、ケトルベルトレーニングの本。わたしは自宅にケトルベルがあり、定期的に使っているのだが、あまりピンと来ていない(というか何となく曖昧…

堀龍市『図解入門ビジネス 最新暗号資産の基本と仕組みがよ〜くわかる本』

図解入門ビジネス 最新 暗号資産の基本と仕組みがよ~くわかる本作者:堀龍市発売日: 2020/02/03メディア: Kindle版暗号資産は元々「仮想通貨」と言われていたものである。過去の歴史からバックボーンとなる技術、ICO、今後の潮流など幅広く解説されているの…

小川洋子『物語の役割』

物語の役割 (ちくまプリマー新書)作者:小川 洋子発売日: 2007/02/01メディア: 新書先日、河合隼雄+小川洋子『生きるとは、自分の物語をつくること』を読んだので、その流れで本書も手に取った次第。著者が書いているように、これは物語論といった大袈裟な話…

河合隼雄+小川洋子『生きるとは、自分の物語をつくること』

生きるとは、自分の物語をつくること (新潮文庫)作者:洋子, 小川,隼雄, 河合発売日: 2011/02/28メディア: 文庫小川洋子が書いた『博士の愛した数式』をベースに、様々なテーマについて対話を丁寧に重ねた本。ベースと言っても依存度は高くないので、『博士の…

全卓樹『銀河の片隅で科学夜話』

銀河の片隅で科学夜話 物理学者が語る、すばらしく不思議で美しいこの世界の小さな驚異作者:全 卓樹発売日: 2020/03/27メディア: Kindle版いわゆる科学エッセイと呼ばれるやーつ。様々なところで目にする機会があったので手にとって見たが、何を軸に楽しめば…

宮居雅宣『決済サービスとキャッシュレス社会の本質』

決済サービスとキャッシュレス社会の本質作者:宮居 雅宣発売日: 2020/06/26メディア: 単行本この手の領域の第一人者らしい。よくまとまっていて勉強しやすいとは思った。でも個人的には『トークンエコノミービジネスの教科書』の方が、わたしの興味に近く、…

中村宇利『「暗号貨幣(クリプトキャッシュ)」が世界を変える!』

「暗号貨幣( クリプトキャッシュ )」が世界を変える!作者:中村 宇利発売日: 2019/07/26メディア: 単行本悪くはないんだが、少し前に読んだ、高榮郁『トークンエコノミービジネスの教科書』の方がスッと頭に入った。incubator.hatenablog.com

伊藤淳史『入門者のための短期社債発行実務:発行手続と費用の全てを』

入門者のための短期社債発行実務: 発行手続きと費用の全てを作者:伊藤 敦史発売日: 2017/06/26メディア: Kindle版先日読んだ『入門者のための社債発行実務:債券発行の流れ&関係者&費用』がめちゃくちゃ参考になったので、同じ著者の本を購入。incubator.h…

伊藤淳史『入門者のための社債発行実務:債券発行の流れ&関係者&費用』

入門者のための社債発行実務: 債券発行の流れ & 関係者 & 費用作者:伊藤 敦史発売日: 2016/06/11メディア: Kindle版Kindle unlimitedで読める個人出版のような位置づけの本。著者は事業会社の財務部で資金調達を担当してきており、これまで日本国内外で金融…

比嘉一雄『硬い体が驚くほど気持ち良く伸びる自重ストレッチ』

硬い体が驚くほど気持ち良く伸びる 自重ストレッチ作者:比嘉一雄発売日: 2017/04/21メディア: Kindle版昨日読んだ、なぁさん『なぁさんの1分極伸びストレッチ』と同じぐらい気に入った。これまでのストレッチ本で紹介されていたストレッチは、そもそもストレ…

なぁさん『なぁさんの1分極伸びストレッチ』

生活の質が感動的に上がる なぁさんの1分極伸びストレッチ作者:なぁさん発売日: 2019/10/27メディア: 単行本(ソフトカバー)これまでに読んだストレッチの本の中で今のところ最も気に入った。 ストレッチの数が厳選されており、消化不良にならない 個々のス…

森本貴義+阿部勝彦『新しいストレッチの教科書  【最新】理論とエクササイズ』

可動域を広げパフォーマンスを上げる 新しいストレッチの教科書 - 【最新】理論とエクササイズ - (ワニプラス)作者:森本 貴義,阿部 勝彦発売日: 2019/01/26メディア: 単行本(ソフトカバー)以前、森本貴義+近藤拓人『新しい呼吸の教科書 【最新】理論とエ…

村山巧『自分史上最高の柔軟性が手に入るストレッチ』

自分史上最高の柔軟性が手に入るストレッチ作者:村山巧発売日: 2019/07/18メディア: 単行本しばらくやってみたが、柔軟性を手に入れることができず、あまりピンと来なかった。元々体の柔らかい方や、そこそこ運動をしてきた方に向けた本という印象を持った。…

シマモリマスオ『Excel Power Query入門』

Excel Power Query入門作者:シマモリ マスオ発売日: 2019/05/28メディア: Kindle版Power QueryとはExcelで追加実装されたアドインで、この機能を使えばAccessのようなクエリ機能が使える。(かなり乱暴な説明だが)ならAccessを使えよという話なんだが、個人…

柴雅仁『10秒で絶好調になる最強のストレッチ図鑑』

10秒で絶好調になる 最強のストレッチ図鑑作者:柴雅仁発売日: 2019/10/19メディア: 単行本ストレッチとマッサージの厳密な定義はわからないが、ストレッチ本というよりも、マッサージ本って感じ。すねの筋肉をほぐすのとか、脇の筋肉をつまんでほぐすのは、…

高榮郁『トークンエコノミービジネスの教科書』

トークンエコノミービジネスの教科書作者:高 榮郁発売日: 2019/03/20メディア: Kindle版 概要 トークンというのは現在かなり幅広い意味で使われているが、本書での意味を簡単に書くと、法定通貨ではない「代替通貨(代用貨幣)」のことを指す。この概念を、…

宍戸徹『QUERY関数:Googleスプレッドシート最強のデータベース関数を使いこなそう!』

QUERY関数: Googleスプレッドシート最強のデータベース関数を使いこなそう!作者:宍戸徹発売日: 2019/03/04メディア: Kindle版表計算ソフトといえば、ビジネスシーンでは長年Excelの独壇場なのだが、たまにGoogleスプレッドシートを使うケースもある。Google…

三谷宏治『新しい経営学』

新しい経営学作者:三谷宏治発売日: 2019/09/27メディア: Kindle版経営学は、以下の6つの分野に分かれる。著者の説明を引用する。 経営戦略|企業としてどういう存在になりたいのか(ビジョン)、どの戦場(ドメイン)で戦うのかを定め、そこで何をウリにする…

菊澤研宗『成功する日本企業には「共通の本質」がある 「ダイナミック・ケイパビリティ」の経営学』

成功する日本企業には「共通の本質」がある 「ダイナミック・ケイパビリティ」の経営学作者:菊澤 研宗発売日: 2019/03/27メディア: 単行本経営学のビッグ・アイディア(大胆で革新的な考え)は現在、次の4つなのだそうだ。 野中郁次郎教授が展開した「ナレッ…

琴坂将広『経営戦略原論』

経営戦略原論作者:琴坂 将広発売日: 2018/06/29メディア: Kindle版んー、よくまとまっているとは思うが、原論という感じではない。前半で経営戦略の理論的歴史を追っていった後、後半で理論と実践の間について検討するみたいな感じ。原論という言葉に弱いの…

カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)作者:カズオ・イシグロ,土屋 政雄発売日: 2012/08/01メディア: Kindle版キャシーという名の女性が、自分の少女時代を回想するという建て付けの小説。ブッカー賞の最終候補にもなったカズオ・イシグロの代表作なので、読…

坪井賢一『これならわかるよ!経済思想史』

これならわかるよ!経済思想史作者:坪井 賢一発売日: 2015/06/12メディア: 単行本(ソフトカバー)古典派経済学、マルクス経済学、ケインズ経済学という3つの経済学(経済思想)を、経済思想と表裏の関係にある政治思想とセットで解説した本。まとめると以下…

名和高司『企業変革の教科書』

企業変革の教科書作者:名和 高司発売日: 2018/12/07メディア: Kindle版企業変革を頻度(一度に行うのか継続的か)と程度(破壊的・革命的に行うか漸進的に行うか)の2×2マトリックスで、4つのモデルとして定義。 シュリンク・トゥ・グロー(S2G) セルフ・デ…

宮内悠介『黄色い夜』

黄色い夜 (集英社文芸単行本)作者:宮内悠介発売日: 2020/07/03メディア: Kindle版超巨大なカジノ・タワーがほぼ唯一の観光資源である架空の国を舞台に、主人公がカジノ・タワーの最上階を目指すという賭博小説。『盤上の夜』『スペース金融道』等、面白いな…

名和高司『コンサルを超える問題解決と価値創造の全技法』

コンサルを超える 問題解決と価値創造の全技法作者:名和高司発売日: 2018/07/12メディア: Kindle版マッキンゼーとボスコンの双方でトップに上り詰めた人間は著者ぐらいのものだそうで、その著者がコンサルの得意技である問題解決の技法と、コンサルを超える…

花野康成『道具としてのアカウンティング』

道具としてのアカウンティング作者:花野 康成発売日: 2006/11/30メディア: 単行本(ソフトカバー)会計の入門書。昔々に買って、パラパラ読んでいたのだが改めて通読。第1部「会計を使いこなすための基礎知識」では、基本(B/S、P/L、キャッシュフロー計算書…

中野剛志『全国民が読んだら歴史が変わる奇跡の経済教室【戦略編】』

全国民が読んだら歴史が変わる 奇跡の経済教室【戦略編】作者:中野剛志発売日: 2019/07/10メディア: Kindle版『目からウロコが落ちる奇跡の経済教室【基礎知識編】』の続編。incubator.hatenablog.com著者は現代貨幣理論(MMT)の考えに立脚しているのだが、…