インキュベ日記

書評3100冊・漫画評6000冊・DVD評600枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

すばる舎編集部『ミニマリストな暮らし方』

人気インスタグラマー&ブロガー21名の、文字通り「ミニマリストな暮らし方」を浅く広く紹介した本。

個人的に関心を持ってこの手の本は幾つか読んできたが、本書で打ち止めにしようと思う。

「どのミニマリスト本も大して変わらない」からだ。

これはミニマリストそのものがInstagramやTwitterで過剰に脚光を浴びているだけで大したノウハウがないという点もあるだろうし、ミニマリストをチヤホヤする出版社側が上手く違いを示せていないという面もあるだろう。いずれにせよ、ミニマリストと呼ばれる人種が使っているノウハウは実にシンプルで代わり映えしない。わたしが見る限り、以下の2つに集約されていると思う。なお、何だか以前も似たようなことを書いた気がするが、検索できなかったので改めて書くことにした。少しブラッシュアップされていると思う。

  1. モノの「総量」を減らす
  2. モノの「バリエーション(色味・サイズ・用途別)」を減らす

モノの「総量」を減らすというのは当たり前すぎて追加解説することがないので、2点目の「バリエーション」についてだけ話すが、ここの塩梅や徹底度がミニマリストとしての特徴を決定づけていると思う。

例えば、家具の色を統一したり、調味料を同じ規格の調味料に詰め替えたり、100円ショップの箱や無印良品のケースを活用したりと、見た目の様式を揃えることで「整っている感」を出すケースがある。特に調味料ボトルを詰め替える話は、もう耳にタコ感というか。いわゆる「インスタ映え」するのは同意するが、わたしは詰め替えるメリットをほとんど感じないな。衛生上のリスクも上がるし、最初から小さいものを買って、周囲のラベルをはかせば良いと思う。

いわゆる「私服の制服化」も結局はこれに似た話だと思う。わたしも5年ぐらい前までは、何も考えずにグレー、ネイビー、ブラック……と適当に違う色の下着や靴下を買っていたが、例えば靴下を全て同じものにするだけで、靴下の組み合わせを探す手間が省ける。同様に、下着だけでなく服自体のバリエーションを減らして、今日はどれにしようかなと悩む時間を減らす……と、まあこういう話である。これはわたしのような人間には合っているが、これを悩むこと自体がファッションの楽しさという気もするので、万人に薦めるべきものかと問われると、違う気もする。

もうひとつ、用途別アイテムを断舎離して汎用アイテムに揃えていくのもミニマリストの十八番だが、これもバリエーション削減の一環と言って良いだろう。家中すべての洗剤を「オキシクリーン」と「消毒用アルコール」に特化させるのは耳にタコだが、電気ケトルを断舎離して鍋で湯を沸かすといったアイデアもよくある。しかしこれも過ぎたるは及ばざるが如しというか、炊飯器を断舎離して土鍋で炊飯するとか、電子レンジを断舎離して蒸し器で解凍するとか、あなたたち暇なんですねとしか思わない。どのミニマリストだったか忘れたが、洗濯機を断舎離して洗濯板で衣服を洗うとか言っている人までいて、正直笑ってしまった。逆だろう! 洗濯機を自動洗濯乾燥機にして、タスクそのものを最小化していくのが筋というものだ。

こういう話を聞くと、手段が目的化しているなーと思う。シンプルで生活しやすい空間を作るのがミニマリストの出発点だったはずが、なぜか便利なモノを手放して19世紀のように土鍋で米を炊き、洗濯板で衣類をこすっているのである。茶番としては面白いし、本人が好きでやっているものを止めるつもりも毛頭ないが、わたしが真似したいと思う方向性ではない。

余談

もうひとつ、3. モノに「感謝」する というのもあったな。ミニマリストを突き詰めると、こんまりも断捨離の方も、八百万の神々への感謝で溢れるようになる。これも日本的と思えば面白いか。最近こんまりのアプローチがアメリカでもウケているしね。

『アオハライド』

アオハライド DVD 通常版

アオハライド DVD 通常版

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2015/06/17
  • メディア: DVD
2014年の年末年始に実家に帰省していた。していたんだが、本当にすることがなくて、大晦日に仕方なくバスを乗り継いで街に出てシネコンに行き、時間が合う映画をとりあえず観た。それが本作『アオハライド』だった。時間が合うってのと、とりあえず本田翼が可愛いよねってので、それだけが理由である。しかしわたしにとっては正直、何の面白味もなく、くっそ後悔したことを覚えている。

そこから幾年月、そう言えば東出昌大が主演だったなと思い出し(正直、その頃は東出昌大については名前しか知らず、顔も出演作も全く知らなかった)、改めて観てみることに。

……うん、やっぱり本田翼が可愛い以外に何の面白味もないな。

思うに、少女漫画のキラキラ感を実写映画化するのは非常に困難だということなのだろう。

誰かが以前「アイドルとは本来の実力よりも人気が高い人 or 状態」と定義した人がいて、なるほどなーと思った記憶があるのだが、少女漫画もそうだと思う。現実はそこまで美男美女ばかりではないし、世界にはバラも浮かんでいないしオーロラも光もきらめいていない。それを美男美女なだけの演者がとりあえず大根演技をしてみたところで、少女漫画の「ブーストされた状態」は伝わらない。逆に、セリフだけが独り歩きしてサムい状態になる。もちろん原作ファンや、アイドル俳優やアイドル女優のファンだけは観て満足しているので、興行的にはそこまで悪くないのかもしれないが、映画全体として成功するかと問われたら、うーん、と言わざるを得ない。

難しいね。

『海街diary』

海街diary Blu-rayスタンダード・エディション

海街diary Blu-rayスタンダード・エディション

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2015/12/16
  • メディア: Blu-ray
吉田秋生の名作コミックを映像化したのが本作である。
[まとめ買い] 海街diary

[まとめ買い] 海街diary

  • メディア: Kindle版
山も海もある鎌倉という街の美しさ、そして人間模様。

細かな要素はかなり削られているが(すずのサッカー部の人間模様など)、原作の雰囲気は概ね再現できていると思う。

原作を知らない人でも、静かな映画が好きな人にはオススメできるんじゃないかな。

山崎聡一郎『こども六法』

こども六法

こども六法

  • 作者:山崎 聡一郎
  • 出版社/メーカー: 弘文堂
  • 発売日: 2019/08/20
  • メディア: 単行本
しばらく前、とある大型書店に足を踏み入れると、入り口にアホほど積まれていて「何事?」と思ったのだが、その積まれていた本が本書である。

『13歳のハローワーク』など、表面的な対象者を敢えて子供に設定し、実は大人が読んでも面白い、というアプローチは最近ちょいちょい見られるのだが、本書もそれであろう。子供に読ませたいと思うのは大人であり、本屋に来た子供が本書を目にして「パパこれ買ってー」となる可能性はかなり低い。

内容は、刑法・刑事訴訟法・少年法・民法・民事訴訟法・日本国憲法・いじめ防止対策推進法を対象に、イラストで補いながら条文を易しく書き下す、というものだ。

だらだらと「雰囲気」ありきの解説をしないのは、個人的にはかなりのチャレンジだと思った。良いとも言えるし、とっつきづらいとも言える。興味を持って読み進められる小学生はかなり少なそう。

塙宣之『言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか』

言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか (集英社新書)

言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか (集英社新書)

  • 作者:塙 宣之
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2019/08/09
  • メディア: 新書
ナイツの塙宣之が書いた漫才論。

わたしはナイツの漫才が好きだが、こういう分析あまりやらないタイプなのかなと思っていた。

笑いの数、量(1回あたりの爆笑の度合い)とか、漫才のタイプとか、けっこう面白くて参考になった。

あとM-1は元々、結成10年以内のコンビが対象で、「上手さ」よりも「新しさ」を重視する大会だったが、復活後は結成15年以内になり、また「上手さ」を重視する風潮になりつつある、という指摘も面白かった。けど2019年のM-1の総括もしてほしいなあ。2019年はけっこう「新しさ」があった気がする。

林浩二『基本と実務がぜんぶ身につく 人事労務管理入門塾』

基本と実務がぜんぶ身につく人事労務管理入門塾

基本と実務がぜんぶ身につく人事労務管理入門塾

  • 作者:林 浩二
  • 出版社/メーカー: 労務行政
  • 発売日: 2019/05/19
  • メディア: 単行本
類書に比べると、正直どうもピンと来ない。

記載の分量は十分なんだけどね。

切り口なのかなー。

『ステキな金縛り』

ステキな金縛り Blu-rayスタンダード・エディション

ステキな金縛り Blu-rayスタンダード・エディション

ポンコツ弁護士(深津絵里)が、最後のチャンスとして厄介な事件の弁護をすることになる。旅館で金縛りに遭っていたから犯行は不可能だったと主張する被告人の弁護だ。ポンコツ弁護士が仕方なくその旅館に現地調査に行くと、実際その金縛りを引き起こした落ち武者の幽霊(西田敏行)と出会ってしまう。ポンコツ弁護士は、その落ち武者に法廷での証言を依頼しようとする……というアウトライン。

三谷幸喜作品らしく、独特のユーモアと、あちらを立てればこちらが立たず的な絶妙なシチュエーションがあり、観ていて素直に楽しめる。特に深津絵里と西田敏行の掛け合いが最高。