インキュベ日記

書評3100冊・漫画評6000冊・DVD評600枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

ゆうきまさみ『究極超人あ〜る』全9巻

究極超人あ?る(1) (少年サンデーBOOKS)

究極超人あ?る(1) (少年サンデーBOOKS)

究極超人あーる 全4巻完結(ワイド版) [マーケットプレイス コミックセット]  究極超人あ~る 文庫版 コミック 全5巻完結セット (小学館文庫)
ゆうきまさみの初期の傑作。
といっても本作は、後の『機動警察パトレイバー』『じゃじゃ馬グルーミン★UP!』『鉄腕バーディー』『白暮のクロニクル』といったストーリー漫画とはタイプが大きく異なるため、これらの作品が好きな方でも、あ〜るは合わないかもしれない。私は、最初に1巻を読んだときにあまりピンと来ず、実は最近まで読んでいなかったのだが、『白暮のクロニクル』の最新刊が待ち切れず、ゆうみまさみ成分を摂取するために再度1巻を買ったところ見事にハマり、きちんと通読した次第。なお私が読んだのは通常版(Kindle)です。全9巻。紙で読むなら、ワイド版や文庫版の方が手に入りやすいかもしれない。
ジャンルは……なんだろね。日常系ゆるふわ漫画とも、ナンセンス不条理ギャグとも、スラップスティックとも言えるが、これらのジャンルの漫画に大きな影響を与えていることは確かだと思う。不思議な漫画である。