インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

ゆうきまさみ『白暮のクロニクル』8巻

白暮のクロニクル(8) (ビッグコミックス)

白暮のクロニクル(8) (ビッグコミックス)

『機動警察パトレイバー』『究極超人あ〜る』『じゃじゃ馬グルーミン★UP!』『鉄腕バーディー』『鉄腕バーディーEVOLUTION』などを描いた漫画家による最新作。これまでサンデーという少年誌の雄で描いてきたが、本作は青年誌。エログロテイストも盛り込んだミステリを描くということだったが、エロはともかくグロとミステリはしっかり盛り上げてきた(エロも吸血鬼という存在自体にエロスを感じると考えればまあアリかな)。

で、驚くべきは8巻の展開。どちらかと言えば「展開が遅いなあ」という感じだったが、急に黒幕っぽい奴が出てきた。まだ主人公たちが謎の核心に辿り着いたとはとても言えないのだが、ラスボスが余裕を見せて足下を見せたというイメージ。

さあ今後どうなるかなー。