インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

今井哲也『アリスと蔵六』1〜6巻

アリスと蔵六 コミック 1-6巻セット (リュウコミックス)

アリスと蔵六 コミック 1-6巻セット (リュウコミックス)

アリスの夢と呼ばれる「想像すれば願いが叶う」能力を持つ子供たちが突然現れて約10年。彼ら・彼女らは異能ゆえ閉じ込められて研究対象とされてきたが、「想像できるものは物理法則を無視してなんでも具現化できる」特別な能力を持つ通称「赤の女王」紗名が逃げ出した……というのがプロローグ。

まあ思ったより簡単に逃走には成功するのだが、神のごとき能力を持ちながら、何も持たない孤独な少女が、ごく普通の家族や友達を持ち、日々を過ごすことで、世界は変わっていくのである。ボーイ・ミーツ・ガールならぬガール・ミーツ・ワールドという趣で、なかなか面白い。