インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

此元和津也『セトウツミ』1〜2巻

セトウツミ 1 (少年チャンピオン・コミックス)

セトウツミ 1 (少年チャンピオン・コミックス)

セトウツミ 2 (少年チャンピオン・コミックス)

セトウツミ 2 (少年チャンピオン・コミックス)

キャッチコピーは「この川で暇をつぶすだけのそんな青春があってもええんちゃうか」

元々サッカー部だったが、先輩を無視してフリーキックを蹴ってしまったが故にサッカー部を辞める羽目になって何もすることのない瀬戸と、塾までの時間つぶしをしたい内海が、放課後、川辺でゆったりまったり会話を繰り広げるという漫画。

完全な会話劇であり、はっきり言って漫画にはそぐわない設定である。

漫才というかコントというか。YouTubeでも良い気もする。

わたしが言いたいのは、こうした漫画に不利な題材で「面白い」というのは、けっこう凄いということである。完全にノーマークだったが、映画化もされているようだ。ただ会話劇で、会話の内容はもうわかってしまっているから、改めて映画を観るほどのメリットがあるかと問われると微妙だが。