インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

吉田貴司『やれたかも委員会』1巻

やれたかも委員会 1巻

やれたかも委員会 1巻

最近Webで人気を博しており、気になっていた作品。

アウトラインは単純で、毎回いろんな男が登場して過去を回想する。男の目線の甘酸っぱい思い出である。そしてそのエピソードを聞いた3名が「やれた」か「やれたとはいえない」かを判定する……という設定である。ちなみに、確実にイロモノ的な男2人は確実に「やれた」と判定し、冷静に物事を見ていそうな女1人が必ず「やれたとはいえない」と判定する。ここがオチというか何というか。

てかこれ、深夜番組で、お笑い芸人やバラエティ担当アイドルが茶々を入れる形で、普通に人気を博しそうなフォーマットだな。わたしなら、収録後その女の子にADが会いに行って当時の心境を聞く、というところまでをコンテンツのセットにしたい。テレビだったら、そういう身も蓋もないオチがあった方が絶対に面白いね。(なお、スペシャル回なら本人が行っても良いが、毎回だと濃すぎる気がするので、やはりADぐらいが丁度良い。)