インキュベ日記

書評2800冊・漫画評4400冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 DVD-BOX

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 DVD-BOX

善意の塊のような田口と、人をムカつかせて本心を暴く白鳥という、対象的な2人がコンビを組んで謎に切り込んでいく、東城医大病院という架空の病院を舞台とした医療ミステリ。

第1弾は「バチスタ」という名のごとく、バチスタ手術(心臓外科手術)をモチーフとしていたが、第2弾は救急医療がモチーフである。前作(チーム・バチスタの栄光)では田口と白鳥のキャラが思い切り立っていたのだが、第2弾では原作小説でも人気の高い速水晃一というキャラクターが登場。彼はジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)と呼ばれているが、その名に相応しい圧倒的インパクトである。西島秀俊の演技はもはや怪演と言って良く、とにかく良かった。主人公の田口を完全に食ってたね。

ただ田口先生(伊藤淳史)は、インパクトでは完全に速水晃一(西島秀俊)に食われてしまったが、ちょっと地味になった分、キャラ的にはまともになった気がする。たまにイラッとするが、第1弾ほどのガキっぽさは感じない。

もうひとつ、西島秀俊の演技のインパクトは物凄いのだが、全体的なストーリーはちょっとね。シナリオの緊張感という意味では第1弾の方が数段良かった。