インキュベ日記

書評3300冊・漫画評7000冊・DVD評1000枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

豊田徹也『珈琲時間』

珈琲時間 (アフタヌーンKC)

珈琲時間 (アフタヌーンKC)

『アンダーカレント』で鮮烈なデビュー連載を飾った後、ぜんぜん漫画を発表していなかった著者による、連載第2作。というか、これが最新作。もう少し頻繁に本を出してほしいなあ。
内容としては、コーヒーがモチーフとして登場する徒然なる短編集。コーヒーの苦みが似合うややシリアスな短編から、ホッと一息つくほんわかした話、コメディタッチの話まで、テイストは幅広い。とにかく話作りが巧いので、この人はもっともっと頻繁に作品を発表すべき!
なお、前作からの登場人物(探偵さんね)が登場する。