インキュベ日記

書評3200冊・漫画評6000冊・DVD評600枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

よしむらかな『ムルシエラゴ』6巻

ムルシエラゴ(6) (ヤングガンガンコミックス)

ムルシエラゴ(6) (ヤングガンガンコミックス)

大量殺人鬼かつ死刑囚の女主人公が、国家の命令で他の殺人鬼や厄介な犯罪者を殺して回る代わりにある程度の自由を与えられている……という設定の漫画。

しかしこの巻では、捜査の過程で、ほとんど「気分」と言えるほど乱雑に、普通の人間が女主人公にブチ殺されている。あれそれで良いんだ、という印象。「普通の人間」に見えた人間が実は悪人だったという可能性もあるし、これこそが今後の伏線であったという可能性もあるが、あまり普通の人間を気分で殺しているようでは、国家に見逃されているという構図自体が成り立たなくなるように思える。