インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

町田康『壊色』

壊色 (ハルキ文庫)

壊色 (ハルキ文庫)

うーん、何て言えば良いのか……はっきり言えば俺には判断しかねる。歌であり、詩であり、日記であり、エッセイであり……だそうだが、本当に形容不能の文章だ。「文学」として見ると町田康はものすごい作家らしい。「語りの手法を文学に復活させて云々」って感じで、町田康の文学的価値・文学的到達点は高いそうだが、そんなことは俺にはどうでも良くて、大事なことは俺自身が面白く本を読めるかどうかなのだ。しかし面白いか面白くないかの前に、正直よくわからない。俺に感性がないのかねぇ。