インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

吉見俊哉『思考のフロンティア カルチュラル・スタディーズ』

カルチュラル・スタディーズ (思考のフロンティア)

カルチュラル・スタディーズ (思考のフロンティア)

ほとんど内容が理解できない。吉見俊哉の文体とは相性が悪いと以前から感じていたのだが、読んでも読んでもサッパリ頭に入ってこない。カルスタを取り巻く状況や文脈が、本書を読む前よりもさらにわからなくなった。入門書を読むための入門書を買わなきゃならないな……。
しかし、これは果たして「入門書」と言えるのだろうか? 消化しきれなかった俺が言うのも恥ずかしいが、こういったシリーズを買う人は初学者がほとんどなのだから、著者も出版社も、もう少し考えてほしいと思う。それとも俺以外の人はスラスラ読めるんだろうか。まあ俺には価値のない本。