インキュベ日記

書評3100冊・漫画評5500冊・DVD評500枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

村上春樹『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』

もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫)

もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫)

美味いウィスキーを求めた村上春樹による、ウィスキーの聖地スコットランドアイルランドの探訪記である。本物のウィスキーは、どのような土地で、どのような人によって、どのように作られ、そしてどのように飲まれているのか? 本書を読むと、ウィスキーの香りが染みこんだスコットランドアイルランドの匂いを感じることができる。旅行記や滞在記は、その土地の空気や匂いを感じさせる文章がベストだと思う。その意味で本書は非常に良い。村上春樹の異文化に関する本は、ほとんど全て面白いのだけれど。