読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

『最高の人生の見つけ方』

最高の人生の見つけ方 [Blu-ray]

最高の人生の見つけ方 [Blu-ray]

大金持ちの実業家(ジャック・ニコルソン)と実直な自動車修理工(モーガン・フリーマン)がガン病棟で出会い、人生の最後に「やりたかったこと」を二人でやってのけるというストーリー。全体的に「名作を撮ったでしょ?」という匂いがプンプンしているが、それを除けば確かに面白い。最後の最後にならなければ自由に振る舞えないというのは哀しいが、その気持ちはよくわかる。年を取れば取るほど「しがらみ」って奴は増してくる中で、こういうストーリーは痛快だ。
ところでモーガン・フリーマンはどこにでも「知的」「実直」な役柄で出てくるが、この人が出てくると「名作」率が高まるような気がする。