インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

シェリル・サンドバーグ+アダム・グラント『OPTION B』

OPTION B(オプションB) 逆境、レジリエンス、そして喜び

OPTION B(オプションB) 逆境、レジリエンス、そして喜び

  • 作者: シェリル・サンドバーグ,アダム・グラント
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2017/07/20
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
オプションAが制約条件を全く無視したベストな選択だとしたら、オプションBはいわば次善の策である。Aを採れるなら、文句なしにAを採用したい。しかしAはもう無理なのだ……そんな場合がある。その中で、どのようにオプションBを受け入れて未来を切り開いていくかを書いたのが本書である。著名なビジネスパーソンが書いているし(フェイスブックのCOO)、翻訳版が日経から出版されていることや体裁などからも判断しても、売り出し方は完全にビジネス書のそれである。しかし中身はもっとパーソナルなものである。OPTION Bを受け入れるための方法論が描かれているものではないし、複数あるOPTION Bをどのように探し出たり選んだりすべきかの方法論もない。シェリル・サンドバーグが夫を失ってしまい、そこからどのように立ち直っていったかを書いているだけで、普遍化・汎用化されたアプローチではないなと感じる。なんというか、受け取り方に困る本である。