インキュベ日記

書評3200冊・漫画評6000冊・DVD評600枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

伊丹敬之+三枝匡『日本の経営を創る』

「日本の経営」を創る

「日本の経営」を創る

経営学の研究者の大御所である伊丹敬之と、プロ経営者にしてターンアラウンドスペシャリストの三枝匡による、対談集。旧来的な日本型経営モデルも米国型経営モデルにも欠点があり、かつ日本の社会や経済には合わない中、「日本発の新しい経営モデルとは何か」「それはどうすれば創れるか」ということを、丸々1冊かけてディスカッションしている。
最初は「単なる米国批判……?」と思いかねないほど、アメリカの「ここはダメ」「あそこもダメ」と2人で盛り上がっているが、読んでいくにつれて、そうした卑近な島国根性とは無縁なことにも気がつくだろう。三枝匡がミスミの社長に就任する前のキャリアも詳しく語られており、なかなか面白かった。