インキュベ日記

書評3300冊・漫画評7000冊・DVD評1000枚・動画評600話の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

安田剛助『姫ヶ崎櫻子は今日も不憫可愛い』1巻

『じけんじゃけん』で極私的最高ランクの漫画家にのしあがった安田剛助の最新作。

今回は、主人公カップルの当て馬として雑に扱われる「負けヒロイン」にスポットを当てた作品。わたしは本作で「負けヒロイン」という言葉を初めて知ったのだが、調べてみるとオタク界隈では確かにそんな言葉があるようだし、この手の位置づけのキャラは実際よくある。主人公カップルにお互いを意識させ、やきもきさせ、彼ら(彼女ら)のアプローチで良い思いもして、恋敵を倒すために成長もさせ、果ては最後に友情まで結んでしまうことすらある完璧超人である。

主人公・姫ヶ崎櫻子はまさに屈指の負けヒロインと言って良く、上記は当然のこと、雑なお色気エピソードも多々あり、もう最高。