インキュベ日記

書評3300冊・漫画評6600冊・DVD評1000枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

『解夏』@Prime Video

解夏

解夏

  • 発売日: 2014/07/04
  • メディア: Prime Video
ベーチェット病を発症した若者が次第に視力を失っていく過程の苦悩とそこから立ち直っていくまでを描いたさだまさしの小説を映画化した作品。題名の「解夏」とは、仏教僧が夏(雨季の間)に行う修行が終わる時を指す言葉である(ちなみに修行の始まりは結夏という)。ある僧侶が、あなたが失明した瞬間こそが、先の見えない不安や苦しみから解放される、あなたにとっての解夏なのです……と主人公(大沢たかお&石田ゆり子)に告げるシーンがとても印象深い。

しかし視力が0.1をはるかに下回る俺にとっては、失明というのは大きな恐怖である。長崎の綺麗な街並みと優しい音楽に乗って淡々と物語は続くが、どうにも怖い作品であった。