インキュベ日記

書評3100冊・漫画評5700冊・DVD評500枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

藤咲淳一+大山タクミ『攻殻機動隊 ARISE 眠らない眼の男』1巻

攻殻機動隊ARISE ~眠らない眼の男Sleepless Eye~(1) (KCデラックス ヤングマガジン)

攻殻機動隊ARISE ~眠らない眼の男Sleepless Eye~(1) (KCデラックス ヤングマガジン)

声優が全面的に変更されたので賛否両論(というか主に大批判)を巻き起こした『攻殻機動隊 ARISE』のコミカライズ版。といっても設定や時期は映像版と同じだけど、漫画のストーリーはオリジナルの模様。今のところそれなりに面白い。巻末に載っていた大山タクミのオリジナル漫画は不要な気もするけど。

余談

映像版の話の続き。
攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 1 [Blu-ray]  攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 2 [Blu-ray]
いざBlu-rayを買って観てみたら、声優にはそれほど違和感を感じなかった。特に主人公の草薙素子を担当する坂本真綾の声には全く違和感がなかった。田中敦子じゃなければ駄目だろうと最初は思っていたのだが……。バトーと荒巻もファン心理からすれば不満を言いたくなるのもよくわかるが、まあ許容範囲だと思った。トグサは最初、誰が喋っているのかわからなかったくらいイメージと違い過ぎたが、これもまあ何度も聞けば耳も慣れていくかもしれない。つまり声優は今のところ、変えるメリットがあったのかという疑問は根深く残るが、不買に繋がるほどの不満は感じていない。
絵柄は……サイトーの髪型はギャグだろというレベルだが、それを差し引いても明らかに好みではない。街の雰囲気もイマイチ魅力を感じない。しかし本シリーズはARISE(起動)というだけあって、本シリーズは公安9課を設立してファンが慣れ親しんでいる形になるまでのエピソード……つまり映画版攻殻機動隊イノセンス・テレビ版に比べると過去のエピソードが語られている。だから街の雰囲気やデジタルツールがこれまでのシリーズに比べると地味で現代社会に近くても、まあ仕方ないかなと今のところ諦めている。
といってもシリーズ全体としての評価はまだ保留かな。というのも、Blu-ray第1巻を観て2点ほど不満があるからなのだが、ひとつは音楽である。本シリーズの音楽は菅野よう子ではなくコーネリアス小山田圭吾)が担当しているが、これがもう致命的だ。テーマ曲から作品中の挿入歌まで、とにかくARISEで印象に残っている音楽が何一つない。これは今からでも菅野よう子に戻してほしい。そしてもうひとつはストーリーに関わる話なのだが、要は「主役が弱すぎね?」ってこと。特に酷いのは素子で、そこらへんの雑魚キャラに負けている。で、トグサはまだ一般人だから良いとして、そんな素子にアッサリ負けるバトーとパズ……。過去の話だから皆まだ未熟だというのはわかるが、いくらなんでもヘボ過ぎる。
……結局、本題(コミック版)よりも映画版の方が話が長くなってしまった。