インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

鈴木健也『おしえて!ギャル子ちゃん』1〜4巻

何となく名前は知っていたのだが、読むのは初めてである。

ギャル(あだ名・ギャル子)とオタク(あだ名・オタ子)と令嬢(あだ名・お嬢)の女子高生3人によるガールズトーク漫画。といってもクラスの男子や、ギャル子・オタ子・お嬢の家族なども出てきており、必ずしもガールズトークだけというわけではない。またギャル子は見た目がギャルなんだけど中身はけっこう真面目という、非モテの理想(のひとつの類型)を詰め込んだ設定となっており、クラスの男子はけっこうギャル子に好意を持っている。

原則1話完結なのだが、過去のやり取りや、過去のエピソードで判明した設定は引き継いでいるので、ストーリー漫画っぽい雰囲気もあり、続きはけっこう楽しみ。