インキュベ日記

書評3100冊・漫画評5500冊・DVD評500枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

雨隠ギド『甘々と稲妻』12巻

甘々と稲妻(12) (アフタヌーンコミックス)

甘々と稲妻(12) (アフタヌーンコミックス)

わたしが最も好きな「家族漫画」であり「子供漫画」であり、そして表面的には「料理漫画」に分類される大傑作も、ついに完結。

この作品については、実は11巻がクライマックスとも言うべきもので、その感想は既に書いてしまった。そちらを是非お読みいただきたい。

incubator.hatenablog.com

この12巻は、半分はクライマックスの続きの要素があるのだが、残り半分は、クライマックスの後の地ならしと言うか、映画のエンドロール後に挿入されるちょっとしたエピソードのような要素である。つまり語るべき物語は概ね終わったのだが、登場人物の成長を見せて読者の気持ちを幸せなところに着地させようというエピソードだという気がする。あるいは、漫画家自身の心に整理をつけるためのエピソードかもしれない。

なので、11巻は涙腺が故障したのかと言うぐらい泣いたのだが、12巻はわりにすっと平穏な気持ちで読み終えることができた。そりゃあそうだ、繰り返すが、語るべき物語は既に語られたのだ。

次回作にも期待したい。