インキュベ日記

書評3200冊・漫画評6000冊・DVD評600枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

小川一水『天冥の標Ⅴ 羊と猿と百掬の銀河』

天冥の標?: 羊と猿と百掬(ひゃっきく)の銀河 (ハヤカワ文庫JA)

天冥の標?: 羊と猿と百掬(ひゃっきく)の銀河 (ハヤカワ文庫JA)

全10巻に及ぶ壮大なSF長編の第5巻。
やっと折り返し地点に来たが、とにかく壮大の一言に尽きる。第5巻も、地球外知的生命体から家族物語や少女の自立の物語まで、縦横無尽にストーリーが展開されている。完結したとき、SF史上に残る傑作になるだろう。
なお百掬の読みは「ひゃっきく」である。百菊ということかな。
天冥の標〈1〉―メニー・メニー・シープ〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)  天冥の標〈1〉―メニー・メニー・シープ〈下〉 (ハヤカワ文庫JA)  天冥の標 2 救世群 (ハヤカワ文庫JA)
天冥の標 3 アウレーリア一統 (ハヤカワ文庫 JA)  天冥の標?: 機械じかけの子息たち (ハヤカワ文庫JA)