インキュベ日記

書評3300冊・漫画評7000冊・DVD評1000枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

森本貴義+阿部勝彦『新しいストレッチの教科書  【最新】理論とエクササイズ』

以前、森本貴義+近藤拓人『新しい呼吸の教科書  【最新】理論とエクササイズ』という本を読んでなかなか目からウロコだったので、本書も買ってみた次第。

大切なのは「柔軟な身体」ではなく「自由な身体」であり、そのためには単にカラダが柔らかければ良いという話ではなく、関節の可動域を上げることが重要である、という指摘はなるほどと思った。

ただ、わたし自身アスリートではないので、どの関節の可動域をどの程度まで上げたら自分の生活が快適になるのかがあまりイメージできなかったのと、関節の可動域を上げるエクササイズは、いわゆる首や背中や肩甲骨をストレッチするのに比べて、直接的な効果を感じづらかった。

まずは『新しい呼吸の教科書』の方から改めてやるかな。

incubator.hatenablog.com