インキュベ日記

書評3200冊・漫画評6000冊・DVD評600枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

よしむらかな『ムルシエラゴ』5巻

ムルシエラゴ(5) (ヤングガンガンコミックス)

ムルシエラゴ(5) (ヤングガンガンコミックス)

本書の主人公は大量殺人鬼で、本来は死刑囚なのだが、国家の命令で他の殺人鬼や厄介な犯罪者を殺して回る代わりにある程度の自由を与えられている……という設定の漫画。

5巻も血が容赦なく飛び交う世界で、なかなか読む人を選ぶ。個人的にも4巻までで良いかなと思っていたのだが、ここからどう物語が綴られるのかが気になり、結局買ってしまった。主人公は700人以上を殺した超絶殺人鬼なので、このまま国家の犬として他の悪鬼羅刹を殺して回るだけという殊勝なタイプではない。とはいえ、国家に楯突くほどの政治信条があるわけでなく、もちろん「懺悔」や「正義の味方」もありえない。この後どうなるんだろね。